戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【雑記】和泉軍團慰安旅行2日目

皆様、おはようございますm(__)m

昨日に引き続き、和泉軍團の慰安旅行と称し
鬼怒川温泉にお邪魔しております。


おピンちゃん先生が、朝から
そわそわしているので起床です(笑)↓


朝風呂に入ります↓


熱冷ましに宿の外へ出てみました↓


夜中に雪が降ったみたいで
少し積もりました(笑)↓


朝食を食べて鋭気をつけます↓


宿を後にして電車の時間まで
ブラブラします↓




うーん。。。
帰りの電車も東武の特急に乗って
帰還したのですが、乗車前の券売機で
2時間後に出発する特急を
「2人」で「予約」したにもかかわらず
座席が「別々」という「素敵」な
予約システムの「おかげ」を
もちまして、旅の終わりが
「最悪」となった慰安旅行でしたっ!

改善した方がいいですよ。
東武特急の座席予約システム。
(そんなセンスのないシステム名じゃ
 ないかもしれませんが、機能に
 センスは微塵にも感じられません)

これまでの旅の中で、一番「ありえない」
素敵な「ご配慮」でしたね。

私は自称「システム屋」なので、
こうなった背景をシステム的に
分析することが出来ると思ってますが
そうは言っても、その対価を
お支払いしている以上は
人間的に、あまりにも「配慮」が
欠落した結末に「残念」という
言葉を発せずにはいられませんね。
「素敵」な予約システムでがっかりです。

そんなこと言うなら人情がわかる
「窓口」で切符を買えという「主張」も
あるかもしれませんが、
そんな極端なことを言うなら
「自動」の券売機は「設置するな」の
一言に尽きますね。

実際の乗車までに「気が付かなかった」
こちらの非もあるかもしれませんが
「2人」で予約をしていたら、
「気が付く」以前に、座席は「隣り合わせ」が
常識です。当たり前です。
それが出来ないなら、購入確定前に
そうならない旨の、「メッセージ」を出すのが
システム的にも「当たり前」です。
「乗れればどんな方法でも構わない」的な、
素敵なやり方は今のハヤリではないです。
西日本の私鉄電車を倣った方がいいです。


お金を本来より上乗せして払って
「不愉快」な想いをするのが
私は「大嫌い」なのですが、
鬼怒川の温泉宿は、
本当に素晴らしかったです♪

ちなみに、ココです↓
 静寂とまごころの宿 七重八重

那須温泉の松川屋さん
鬼怒川温泉の七重八重さん
「素晴らしい」と感じる「宿」が
栃木県には多いですね★


是非、再訪させていただきたいです。


本日まで「雑記」にお付き合いいただき
ありごとうございました m(_ _)m
明日から「軍報」の掲載を
再開させていただく予定です。



↑もしよかったら応援してくださいっ♪

0 Comments

Post a comment