戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 23 23:11:35

【祐実軍團】(97)横須賀海軍鎮守府城ヶ島野砲陣地

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日の関東地方は風が強かったですが
季節外れの暖かさになりましたね。


さてさて、本日は当方に関係する
重鎮の皆様方へのアシスト記事として
祐実軍團「軍報」の第97弾は
神奈川県三浦市におかれていた
城ヶ島野砲陣地の遺構を
ご紹介させてくださいませ。


城ヶ島野砲陣地は、臨時に設置された
砲兵陣地で、1943(昭和18)に
城ヶ島砲塔砲台の側面を防備する目的で
工事が開始されました。

ここには、7センチ速射加農砲が
4門据え付けられて防備に
ついたようですが、太平洋戦争の
終戦間際に2門が他へ
移設されたようです。

現在、陣地跡のほとんどが
荒地になっているため
判然としませんが、当時の建物や
関連する遺構がいくつか残ります。


毎度、お馴染みの重鎮である
いっちゃん先生とOKN先生と一緒に
城ヶ島公園に到着しております↓



山頂の駐車場から砲塔砲台の
遺構群とは逆方向に進みます↓



とのたま先生が図示した地図の
赤い線の付け根部分がココです↓


この写真の右側が1段高くなっており
鬱蒼とした藪になっているので
ここを突撃してください(笑)

航空写真で見ると、道になっていますが
実際は草がボーボーで道になってないので
ご注意をっ!

突撃して少し南東方向へ進むと
トイレとおぼしき基礎部分があります↓



さらに南東方向へ進んでいくと
お目当ての建物が残ります↓


草がボーボーで視界が利かず
建物の全体を写真に収めることは
極めて困難です・・・


建物の内部の状況です↓



この建物のすぐ脇に
建物基礎が残っています↓



ここから少しだけ東に進むと
付属建物が残っています↓


残念ながら、全ての入口と
窓は封鎖されているので
この建物の内部見学は出来ません。


最後に一番南側をはしる遊歩道の
グライダー離陸場所の近くに
砲座が2箇所残っています↓




アシスト記事のつもりですが
あまり参考にならないようでしたら
申し訳ないです m(_ _)m


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 城ヶ島野砲陣地

  砲座 2箇所
  建物基礎 2箇所
  建物 2棟

【探訪情報】
 2006.04.01  第1回探訪
 2016.02.06  第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ!


それでは、またお会いいたしましょう★

↑もしよかったら応援してくださいっ♪


2017.3.4
当初の記事タイトルは
陸軍東京湾要塞としておりましたが
見直しを行い、横須賀海軍鎮守府に
変更しております。

申し訳ございません m(_ _)m

コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/03/04(土) 01:32:41
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:XXXXXXXX様

はじめまして m(_ _)m
書き込みありがとうございます。

「野砲陣地に関連した施設」という部分の
出典は、浄法寺氏による「日本築城史」です。
以下、転載させていただきますね↓

 昭和 16(1941) 年 11 月、準戦備が下令され、
 同 18(1943) 年 5 月、城が島灯台近くに、
 7 センチ速射カノ ン 4 門の臨時野砲陣地の
 構築に着手し、同 7 月砲床を完成し、
 砲を据え、側防用火砲とした。

また、同書の城ヶ島砲塔砲台の配備図に
(図 7.40に該当する部分です)
「戦時H砲設置予定位置」と書かれた場所を
国土地理院の空中写真サービス
 http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1
1946年撮影の城ヶ島を見ていただくと
該当箇所に建物2棟が写っています。
これを現在の空中写真と重ねてみると
一致することから、当時の建物としております。
(違っていたら、本当に申し訳ありませんが
これを当時のものとしている有識者も多く
一定の信憑性はあるものと思われます・・・)

ただし、野砲陣地の構築は
同書を引用すると、昭和16年以降であり
三浦半島の防衛は海軍の管轄と
なっていることから、お見込みのとおり
海軍のものである可能性が極めて高いです。
(お詫びをして記事名を変更いたします)

何かございましたら
メールアドレスまでお気軽にお知らせください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

  1. 2017/03/04(土) 09:13:19
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる