戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 28 22:22:20

【那瑠絵軍團】(3)陸軍造兵廠小倉工廠

皆様、火曜日をいかがお過ごしでしょうか。

今日で2月も終わりですね。
明日からは暦では「春」です。
藪漕ぎをともなう探訪シーズンが
そろそろ終わってしまうことに
焦りを感じております(汗)


さて、2月最後の「軍報」は
新設して間もない那瑠絵軍團から
掲載させていただこうと思います。

今回は福岡県北九州市におかれた
陸軍造兵廠小倉工廠の
遺構をご紹介させてくださいませ。


小倉工廠は1923年(大正12) 9月に発生した
関東大震災により倒壊した東京砲兵工廠の
復旧と、当時の地政学的意義などにより
設置された兵器工場で、この前身である
小倉兵器製造所からの改編により
開設されました。

ここでは、小銃や機関銃・砲弾類などを
製造し、1940年(昭和15)の組織改正により
小倉造兵廠に改称され、約 176,000坪の
敷地内に約 300棟の工場が並び、
最盛期で約40,000名の工員が
従事していたようです。

現在、跡地には北九州市役所などの
行政機関や病院・マンションなどが
建ち並んでいますが、わずかに
当時の遺構が残存しています。


おピンちゃん先生と西小倉駅に
到着しております↓


ここから、当時の敷地の
西端部分を目指して歩きます。


軍用地境界塀が長い区間にわたり
残っています↓




軍用地境界標もいくつか残ります↓



ここから、敷地の南端付近に
転進していきます(笑)


軍用地境界塀が残ります↓



門柱が1対だけ残っています↓



付近に軍用地境界標も残ります↓




この周辺は、少し前に開発されたようで
その際に当時の建物も多く消失して
しまったようですが、なんとか
2棟だけ当方も記録が叶いました↓




試射場の外壁の一部が
わずかに残ります↓



地下通路の入口でしょうか・・・↓



廠内におかれた防空監視哨も
移設保存されています↓



【収録遺構】
 陸軍造兵廠小倉工廠
 (小倉陸軍造兵廠)

  門柱 1箇所
  建物 2棟
  軍用地境界塀 3区画
  軍用地境界標 4本
  地下施設 1箇所
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2017.02.19  第1回探訪

 歩数(指数) 6,284歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ!


明日は、月を跨いで3月に入りますので
ホームページ関連でブログの更新を
させていただきますね。


それでは、また明日っ★

↑もしよかったら応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる