戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 29 22:28:35

【祐実軍團】(8)横須賀海軍航空技術廠室の木工場

皆様、週初めのご精勤・ご講義、
お疲れ様でございました。

この三等兵たるもの、
新しくPCを導入いたしました・・・
型落ちではありますが、今春モデルを
買ったので、スペックは相当いいですっ!

遠征調査にするか、PCを買うか
究極の選択だったのですが、
これを逆手にとり、あえて
「両方」を選ぶことにしましたっ!
来月終わりは確実に死にますっ♪
散華いたしましょうっ!

さてさて、祐実軍團「軍報」第8弾は
第7弾の続きとなってしまうのですが
神奈川県横浜市金沢区におかれていた
横須賀海軍航空技術廠の室の木工場を
ご紹介させてくださいっ m(_ _)m

とはいえ・・・
確認出来た遺構が地下壕1箇所だけという
寂しい実績なのですが・・・


横須賀海軍航空技術廠は、航空機・
航空機材の設計や研究などを行う目的で、
この前身である横須賀海軍航空廠からの
改編によって、1940年(昭和15)に
開設されました。

その後、部門拡大による敷地拡張により
現在の六浦東地区一帯の敷地を買収して
新たに室の木工場を新設し、発着機部の
施設がおかれました。

終戦後、施設は取り壊され、現在は
横浜創学館高校や室の木公務員住宅などに
なっているため、当時の面影がありませんが
この背面にあたる低山に構築された
地下工場が残っており、封鎖されているものの
現在も入口部分を見ることが出来ます。


横浜市金沢区六浦東にやってきました↓


とはいえ、残念ながら室の木工場の
地上遺構は見つけることが
出来ず、わずかな地下工場の痕跡が
確認出来ただけだったのですっ▲

「存在に気が付くのが遅かった」
理由はこれに尽きますね・・・

私有地内なので、詳細な場所は
伏せますが、確認出来た地下壕の
入口部分です↓


残念ながら、埋め戻されているようで
入る余地がございませんです・・・

もう一つの地下壕入口部分↓
3_20150629220531212.jpg

こちらもブロックで塞がれており
入れそうにありません・・・

でも、入口部分の幅が広いことから
生産系の地下壕であることは
間違いないものと思われ、位置的に
室の木工場の敷地背面部分となるので
地下工場でファイナルアンサーですっ★

何とか、内部見学させて欲しいです~(涙)

【収録遺構】
 横須賀海軍航空技術廠
 室の木工場

  地下壕 1区画

【探訪情報】
 2007.01.03  第 1回探訪

 歩数(指数) 約1,000歩(100)


なお、ホームページ内でも
ご紹介させていただいております↓
 横須賀海軍航空技術廠
 室の木工場



それでは、おやすみなさいませっ!

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる