戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 05 21:31:32

【美恵軍團】(6)陸軍第十五師団歩兵第六十連隊

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか?

三等兵の本日の1日は、ホムペ作成と
髪の毛を切ってきました~

アマゾンで戦史関連の本を3冊注文し、
時間指定で頼んだんですが、
まだ来ません・・・

何やってんだっ、クロネコっ!(怒)


さてさて、色々と時間の制約が
ございまして、甚だ簡単ではありますが
美恵軍團「軍報」の第6弾として
愛知県豊橋市におかれていた
歩兵第六十連隊をご紹介させてください。


歩兵第六十連隊は、第十五師団に隷属する
基幹部隊で、1905年(明治38)に軍旗を拝受し
連隊本部が師団司令部に隣接して
設置されました。

その後、1925年(大正14)の軍縮で
第十五師団の廃止にともなって
一旦解隊されますが、1938年(昭和13)に
日中戦争遂行のために第十五師団が
復活すると、編制地を名古屋に遷して
再編され、中国戦線に出征して奮闘し
転進先のタイにて終戦を迎えました。

現在、跡地のほとんどは愛知大学の
敷地として活用されていますが、
当時の遺構が残っており
見学することが可能です。


豊橋鉄道の駅にやってきました↓


ここから、周辺の遺構を記録しつつ
歩兵第六十連隊の跡地に建つ
愛知大学を目指していきますっ!


まずは、正門です↓


とても当時の門柱とは思えないですね~


続いて、将校集会所への通用門です↓


この門柱の低さは何でしょうか・・・
単純に下部分が埋まっているだけ
なのでしょうかね~


通用門付近に、当時の遺構と思われる
構造物が残っています↓


うーん・・・
何でしょうかね・・・
根拠はないですが、当時の
遺構であるものと思っています(汗)


続いて、歩兵第六十連隊の遺構の
メインともいえる将校集会所です↓


うーん、、、
樹木が邪魔でうまく撮れないです(涙)


将校集会所に隣接するかたちで
付属建物が残存しています↓


側壁はリフォームされているようですが
屋根部分の鬼瓦に陸軍徽章である
★マークが入っていますよっ♪


おそらくですが、この建物も
当時のものと推測しています↓



周辺に当時のものと思われる
灯篭もありますよ↓



【収録遺構】
 陸軍第十五師団歩兵第六十連隊
  建物 3棟
  門柱 2箇所
  その他 2つ

【探訪情報】
 2013.9.20 第1回探訪
 歩数(指数) 1,822歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、明日も頑張っていきましょう!
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:豊橋。

愛知大学、懐かしいです。
訪れたのはもう15年前です。
「ムーンライトながら」に乗り、たいした事前調査もせず豊橋入りしましたが、数多くの遺構を見ることができました。次は豊橋鉄道の各駅訪問のときにちょっと寄り道したいと思います。
  1. 2015/07/08(水) 11:53:01
  2. URL
  3. slycrow96 #RXtWfVJQ
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

slycrow先生

いつも、書き込みいただきまして
ありがとうございます m(_ _)m

ここでは、私がとある「マニア」であることを
伏せておきますけど、豊橋鉄道は
日中15分ヘッドで運行していますから
他の地方都市に比べると、いくぶん
取材が捗るのではないかと思います★

実は、豊橋は未調査案件が残ってまして・・・
豊橋空と七十三師の陣地がまだなんですっ★
一緒に遠征しますか?(笑)
  1. 2015/07/08(水) 20:48:07
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる