【莉央軍團】(10)陸軍函館要塞穴澗照明所 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【莉央軍團】(10)陸軍函館要塞穴澗照明所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

週初めからゲンナリですね~
平日は本当に嫌だっ・・・


さてさて、色々とバタバタしてますが
本日は莉央軍團「軍報」の
第10弾といたしまして
北海道函館市から穴澗照明所の
遺構を簡単にご紹介させてください↓



穴澗照明所は津軽要塞の 1つで、
夜間の砲撃に必要不可欠となる
探照灯を運用する施設として
1901年(明治34)に設置されました。

ここには90センチ探照灯が設置され、
照射到達距離は約 6,000メートルに
およんだそうです。

現在、照明所跡は経年劣化が
著しい状態ですが、探照灯座や
格納庫などが残っています。


おピンちゃん先生と穴澗海岸付近を
探検しております↓



穴澗龍神社で安全を祈願して
進んでいきます↓



探照灯座です↓



この下に探照灯の格納庫が
残っています↓



周辺に、関連する遺構も
いくつか残っていました↓




この他にも水槽や観測所などの
遺構群が周辺に残っていますが
これらは千畳敷砲台の
穴澗低地観測所の遺構群として
別掲載とさせてください。


【収録遺構】
 陸軍函館要塞
 穴澗照明所

  地下施設 1箇所
  その他 3箇所

【探訪情報】
 2016.09.17  第1回探訪

 歩数(指数) 2,879歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょう!


↑ホームページの制作意欲に
 つながりますので、もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する