【那瑠絵軍團】(9)陸軍下関要塞矢筈山堡塁 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【那瑠絵軍團】(9)陸軍下関要塞矢筈山堡塁

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


当方にとって、残念なお話しと
お詫びを・・・


今週末に予定していた
岡山~香川探訪は、
総軍大元帥との協議のもと、
総軍基金の「枯渇」と、
仕事が忙しくなりそうなことと
今週末の悪天候予想を理由に、
1か月程度の「延期」をすることに
相成りました・・・

正直言うと、催行可能なのですが
前回の北九州・神戸探訪での散財が
効いてしまっており、今回で
「背伸び」状態に陥りそうなので、
1か月の「助走」を設けることにします。
今週の天気もよくなさそうだし・・・

色々と調子のよいことを
先ばしりさせてしまい
皆様にはご迷惑をおかけします。
申し訳ございません m(_ _)m


さてさて、本日は当方の恥晒しからの
「軍報」でございます(笑)


今回は、那瑠絵軍團「軍報」の
第9弾といたしまして
福岡県北九州市から
矢筈山堡塁の遺構紹介です↓



矢筈山堡塁は下関要塞の 1つであり
関門海峡に面する大里方面からの
背面防御を目的に1895年(明治28)に
建設が開始されました。

ここには 9センチ臼砲が 4門のほか、
15センチ榴弾砲が 6門据え付けられ
防備につきましたが1925年(大正14)に
廃止となりました。

現在は矢筈山の青少年キャンプ場と
なっており、砲座や弾薬庫などの
多くの遺構群が保存されて
有効に活用されています。


矢筈山を上っていきます↓



雨の中、おピンちゃん先生
「お友達」に励まされながら
山頂を目指していきます↓



山頂付近に到着です↓



青少年キャンプ場の入口付近に
関連する遺構が残ります↓





砲座が4箇所残ります↓






関連する遺構でしょうね↓



砲座の背面部分には
弾薬庫とおぼしき地下施設が
2箇所残っています↓




背墻部分にはトンネルが
設けられています↓



トンネル内の左右にも
弾薬庫とおぼしき地下施設が
2箇所展開しています↓




トンネルより南に下がった場所にも
2連+4連の掩蔽部が残っています↓



山を下る途中で、おピンちゃん先生が
防御営造物境界標を4本ほど
見つけました↓






【収録遺構】
 陸軍下関要塞
 矢筈山堡塁

  砲座 4箇所
  地下施設 10箇所
  トンネル 1箇所
  軍用地境界標 4本
  その他 3箇所

【探訪情報】
 2017.02.20  第1回探訪

 歩数(指数) 10,076歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょう!


↑ホームページの制作意欲に
 つながりますので、もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪

コメント

  • 2017/04/04 (Tue) 22:53
    No title

    4月23日に善通寺駐屯地の基地公開があるみたいです。以前は輜重兵連隊内や倉庫群にも立ち入れましたから、可能ならお勧めです。

  • 2017/04/05 (Wed) 08:09
    kan様

    書き込みありがとうございますm(__)m

    4月23日ですか!
    ちょうど仕事のキリはつきそうですが
    軍資がちと間に合わなそうなので
    探訪はその日よりは後ろになりそうです。
    せっかく情報をいただいたのに
    申し訳ないです・・・

    善通寺・丸亀は是非行ってみたいです!

    • 祐実総軍三等兵 #P0Pm9RFk
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する