【那瑠絵軍團】(10)陸軍下関要塞富野堡塁 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【那瑠絵軍團】(10)陸軍下関要塞富野堡塁

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、ちょっと頭が痛くて
早々に帰宅しました~(汗)
でも、ちゃっかりホームページ
更新とかしちゃってます(笑)


さてさて・・・
本日は那瑠絵軍團「軍報」の
第10弾といたしまして
福岡県北九州市におかれていた
富野堡塁のご紹介です↓



富野堡塁は下関要塞の 1つであり
田向山砲台の南西部に位置する
標高90メートルの稜線突角に
設けられた側防用の堡塁で、
高蔵山堡塁砲台に続いて
中条・黒原・足原・小倉方面を射撃し、
田向山砲台と笹尾山砲台の
側防を主目的として1889年(明治22)に
完成しました。

ここには、12センチカノン砲を
8門据え付けて、2門ずつを1砲座とし
首線は第一砲座が南西80度に対し
第四砲座が南西50度と、
各砲座間に10度ずつの変化を
出すように構築されました。

現在、堡塁の跡地には
軽費老人ホーム望玄荘や
展望台などが建てられて
整地されているものの、
地下施設を中心とした遺構が
残っています。


北九州市内にお邪魔しております↓



山の麓でおピンちゃん先生
ストレッチが入りました(笑)↓



気合いがのったところで
望玄荘に到着しました↓



駐車場内に弾薬庫とおぼしき
地下施設が1つ残ります↓



この奥にも掩蔽部が7つ
繋がるようにして残っています↓





山を下った道路沿いにも
防御営造物境界標が
残っていました↓



おピンちゃん先生の
お友達がいるお店
お昼ごはんにしました(笑)↓




【収録遺構】
 陸軍下関要塞富野堡塁

  地下施設 8箇所
  軍用地境界標 1本

【探訪情報】
 2017.02.18  第1回探訪

 歩数(指数) 6,829歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょう!


↑ホームページの制作意欲に
 つながりますので、もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する