【鉄道】(18)西武鉄道401系 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【鉄道】(18)西武鉄道401系

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

おピンちゃん先生が美容院へ
行っている間にブログ更新です(笑)

本来であれば、私も一緒に
美容院に行く予定でしたが、
ここのところの激務で
やることいっぱいになっちゃって
翌週にスライドすることにしました。

「白髪染め」もとれかかってしまい
変な髪色になっちゃいましたよ(笑)


さてさて・・・
本日は、息抜きとして鉄道ネタで
ブログの更新をさせていただきます。
「軍報」目当てのご常連様、
失礼をお許しくださいませm(_ _)m


三等兵の裁量で恐縮です。
本日は西武401系について
想いを記載させてください★


旧西武411系電車 (wikipediaを抜粋)↓
---------------------------------------
西武411系電車は、かつて西武鉄道に
在籍した通勤形電車。

製造当初は吊り掛け駆動方式であったが、
後年全車を対象に高性能化改造が施工され、
同時に401系電車(2代)と改称・改番された。

1975年(昭和50)より701系列は
冷房化ならびに制動装置の
電磁直通ブレーキ(HSC)化が
順次施工されていたが、同改造を施工された
編成は自動ブレーキ仕様の従来車との
併結が不可能となった。

同改造の進捗に伴って増結用編成が
不可欠となったことから、元より701系列の
増結用車両として新製され、
かつ西武に在籍する2両編成の中で
最も経年の浅かった本系列に対して、
冷房改造ならびに主要機器換装による
高性能化改造が施工されることとなった。

高性能化改造に際しては旧クハ1451形も
電装されてクモハ401形に編入され、
全電動車編成を構成している。

主電動機は日立製作所製HS-836-Krbで
中空軸平行カルダン装置と組み合わせて
搭載される。同主電動機は701系列で
採用されたHS-836-Frbの改良版で、
一時間定格120kWという出力を含めて
同一スペックを有し、実際の運用においても
両者は何ら区別されることなく混用された。

主制御器は日立製作所製の
電動カム軸式MMC-HT-20A6を
採用した。力行23段(弱め界磁起動1段、
直列10段、並列7段、弱め界磁5段)の
仕様は701系列で採用された
MMC-HT-20Aと同一であり、本系列も
また発電制動を省略している。

台車は住友金属工業製のペデスタル式
空気バネ台車FS-372を装備する。
同台車は101系の電動車から採用された
ダイレクトマウント式空気バネ台車であり、
701系列の電動車が装備する
コイルバネ台車FS-342と比較して
大幅な乗り心地向上が図られている。

また、同台車を装備する関係で
本系列の歯車比は101系と同一の
86:15(5.73)とされており、
歯車比84:15(5.6)の701系列とは
力行特性が若干異なっている。

その後、新2000系・6000系・9000系など
新型車両に代替される形で実施された
701系列の廃車進捗に伴って、
1990年(平成2)9月に除籍された
401・403編成を皮切りに本系列の淘汰が
開始された。その途上において、
1996年(平成8)10月12日に
鉄道の日関連イベントとして
411・417編成が701系757編成とともに
池袋線・西武秩父線全線を
定期快速急行運用のダイヤで運行し、
そして翌1997年(平成9)2月22日に
開催されたさよならイベントにおける
415・417編成の運行を最後に
全編成が運用を離脱し、
同月24日付で415・417編成が
除籍されたことをもって本系列は
形式消滅した。
---------------------------------------


こんな感じの車両です↓

wikipediaの写真です。

旧国鉄の101系に準じたスタイルですね。


今から約25年前(笑)、
私が地下壕の探訪を始めた頃に
初めて乗りましたっ!
東伏見に掘られた中島飛行機の
地下壕を見に行く目的で
高田馬場から乗った6+2準急の
後2両がこれだったのです(笑)
ちなみに、夏の素敵な時期だったので
地下壕を見つけることが出来ず
ただ蚊に刺されただけという
散々な結果に終わりました・・・

車両のデザイン性や内装は
ほとんど記憶が残っていませんが
「音」だけは鮮明に覚えています。
中空軸駆動なので、低音系が
中心になりますが、高速域に入ると
もの寂しい感じの高音が混ざり
私が最も好む「音」になります(笑)
(頭おかしいよねっ!)

こんな感じの「音」を出します↓
 西武新宿線 701系+401系①
 西武新宿線 701系+401系②
makkoi55様の動画です(上記2点)


最後の優等運用に入る401系↓

※むら@車掌様のむさでん業務日誌帳
 写真を転載しております。

この運用に入っている姿を
偶然、所沢駅で見ました(笑)
確か、土曜日だったはずです。


さよなら運転に充当される401系↓

※むら@車掌様のむさでん業務日誌帳
 写真を転載しております。

「さよなら401系」のヘッドマークを
つけた運用も所沢駅で見ましたね(笑)
確か401系4両+701系4両の8両だった
気がしていますが・・・


401系の台車です↓

ここより、写真を転用しております。
 (オーナー様が判らず申し訳ない)

住友FS-372台車ですね。
素敵な形態ですっ★


401系は形式消滅していますが、
1両も解体されずに全車が
三岐鉄道や近江鉄道などの
中小私鉄に譲渡されて
現在もほとんどが現役で
はしっています(驚)


近江鉄道も三岐鉄道も
滋賀・三重探訪で乗る予定ですので
こちらもしっかりと「記録」を
したいと思っています(笑)


本日は大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m

明日から、通常通り
「軍報」を掲載させていただきます。
是非、またお越しくださいませ。


それでは、またお会いいたしましょう★



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪

コメント

  • 2017/04/15 (Sat) 20:26
    No title

    この車輌、1年前ですが上信電鉄で見ました。
    写真をもあるんですがここには貼れないんですね。
    西武と京王は流鉄とか上毛とか、地方の中小私鉄で
    第二の人生を送る車輌が多いですね。
    あ、京浜急行は琴電ですね!

    • slycrow #RXtWfVJQ
    • URL
    • 編集
  • 2017/04/15 (Sat) 22:46
    slycrow様

    こんばんわ。
    書き込みありがとうございます m(_ _)m

    あっ、私も上信電車で見ましたっ!
    高崎駅前の留置線で寝てましたね(笑)
    でも、長い間運用に入っていなさそうな
    雰囲気で、車体も足回りもボロボロに
    なっていました。

    地方の中小私鉄は「狭軌」が多く
    なかなかKHKの車両は
    引き取り手が少ないようで・・・
    800形なんか電力回生するし、
    相当いい性能だと思うのですが(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する