【阪奈軍團】(77)軍事保護院傷痍軍人兵庫療養所 - 戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

【阪奈軍團】(77)軍事保護院傷痍軍人兵庫療養所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ついに、忙しさから抜けましたっ!
「来週以降も判らない」とか
急に言われましたけど知らないです(笑)
自分のペースで粛々と「権利」を
行使するだけです★

ゴールデンウィークが明けたら
「一気」に遠征しようと思います!


さてさて、本日も阪奈軍團の
「軍報」でブログの更新です。
今回は第77弾といたしまして
兵庫県三田市におかれていた
傷痍軍人兵庫療養所の
遺構をご紹介させてください↓



傷痍軍人とは、戦争などによって
負傷したり、病気にかかって
復帰が出来なくなった陸・海軍の
軍人さんのことで、彼らに対して
十分な恩給を支給する一環として、
その処遇の保護をするために
療養所が各地に設立されました。

兵庫療養所は1939年(昭和14)に
設置され、終戦まで機能していました。

現在、跡地は兵庫中央病院が
引き継いでおり、少し前までは
当時の遺構が残存していましたが
現在は病棟の新設工事によって、
方位盤と国旗掲揚台が残るのみと
なっています。


新神戸から谷上経由で三田駅に
到着でございます↓



今回の探訪も、日頃より
お世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也
参考にさせていただきまして
張り切って記録作業に
励んでまいりますっ(笑)


兵庫中央病院に到着です↓



方位盤が残ります↓



残念ながら、新しい病棟が
建設予定であるため
当時の遺構がことごとく
破壊されてしまったようです。
(遅かったか・・・)


国旗掲揚台も風前の灯です↓



【収録遺構】
 軍事保護院
 傷痍軍人兵庫療養所

   その他 2箇所

【探訪情報】
 2017.03.19  第1回探訪
 
 歩数(指数) 208歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


明日・明後日は慰安旅行のため
雑記形式でブログの更新を
させてくださいませ。


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する