戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 27 22:38:08

【和泉軍團】(44)横須賀海軍軍需部霞ヶ浦支部

皆様、木曜日をいかがお過ごしでしょうか。


通勤に片道2時間かかることが
しんどくなってきました・・・
直線だと都心まで30キロ程度しか
離れていないのに、どうしてこんなにも
時間がかかってしまうのか
不思議で仕方ないですね・・・
そろそろ私も「お年頃」なので、
ずーっと立ちっぱなしも
きついものがあります。


さて・・・
本日も既出案件で恐縮です。
今回は和泉軍團「軍報」の
第44弾といたしまして
茨城県稲敷郡阿見町におかれた
横須賀海軍軍需部の霞ヶ浦支部の
ものと思われる遺構を
1つだけご紹介しますね↓



海軍軍需部は、兵器や燃料・物資などを
補給する重要な役割を果たした
部署で、阿見に霞ヶ浦海軍航空隊が
設置されたことによって
横須賀海軍軍需部の支部がおかれ、
倉庫や燃料庫が設置されていました。

現在、敷地跡は陸上自衛隊の
朝日分屯地や住宅などに変遷しており、
当時の面影が全くない状況ですが、
朝日分屯地の敷地付近に
当時の門柱と思われる遺構が
残っています。

また、JR常磐線から分岐して
霞ヶ浦支部や航空隊方面へと
延びる軍用線もありましたが
現在は道路の拡張によって
消失しているようです▲


荒川沖駅に到着です↓



ここからトボトボと軍用線跡を
歩いていきます↓



朝日分屯地の入口付近に
門柱と思われる構造物が
片方だけ残っています↓



探訪が遅かったようで、
道路が拡張されており
軍用線の遺構は皆無でした↓



【収録遺構】
 横須賀海軍軍需部
 霞ヶ浦支部

  門柱 1箇所

【探訪情報】
 2013.12.31   第1回探訪

 歩数(指数) 10,011歩(100)


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム