戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 28 23:59:59

【美恵軍團】(44)横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊重須基地

皆様、プレミアムフライデーを
いかがお過ごしでしょうか。

こういった、月末15時上がりを
法令化して、私達のような
お仕事「バカ」を撲滅するべきです。
プレミアムフライデー制度は
役人どもだけに与えられた
「特権」ではないことを
もっと広めるべきでしょう。
そもそもこれって、役人どもだけを
楽させるための制度でしたっけ?


さてさて、こんな日にもかかわらず
仕事で普通に日を跨いでしまったので
残念ながら起算更新での
「軍報」でございます・・・

今回は美恵軍團の第44弾として
静岡県沼津市におかれていた
重須基地のご紹介です↓



第一特攻戦隊は、太平洋戦争で
日本軍の戦局が圧倒的に
劣勢となったことで、その後の展開が
予想された本土決戦に備えて
編成された特別攻撃部隊で、
1945年(昭和20)に司令部が
三浦市の油壺地区に
設置されました。

重須基地には、第一特攻戦隊の
隷下部隊である第十五突撃隊が
展開し、海龍を格納するための
壕が12本掘削されていたようです。

現在、格納壕の大半が倉庫に
活用されており、中に入ることが
困難ですが、重須地区をはしる
県道に沿って入口を見学することが
出来ます。


現在の三等兵の探訪能力の
「骨格」を築いてくれた
いにしえの重鎮方と共に
沼津まで遠征でございます↓



県道の左右に、海龍の格納壕と
いわれる地下壕群が
展開しています↓




その真ん中に設けられた
長井崎トンネルも、おそらく
地下壕を転用したものであると
勝手に推測しています↓



この日の探訪リミットとする時間を
過ぎていたので、きちんと周辺を
見ることは出来ませんでしたが
入口がコンクリート捲きの壕も
いくつか残っているようです。


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 第一特攻戦隊
 重須基地

  地下壕 2区域

【探訪情報】
 2016.10.30   第1回探訪

 歩数(指数) 約100歩(50)


明日から5月9日までは
雑記形式・ホームページ関係での
ブログの更新となります。
変わらずご訪問いただければ
幸いでございますっ★



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる