戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 11 18:30:26

【祐実軍團】(10)横浜海軍航空隊

皆様、土曜日をいかがお過ごしでしょうか。
今日は全国的に真夏日となったようで
暑かったですねっ~(汗)

夏場は、三等兵の天敵である
「虫」と「藪」に阻まれるので
調査に適さない季節なのですが
お酒がおいしく感じるので
嫌いじゃないです、はいっ♪


今回の掲載により、7月4日から
1週間連続で「毎日掲載」となりましたが
こりゃ、大変ですね~(汗)

毎日、ブログ更新している
他のサイト様は凄いですねっ!

三等兵には力不足で
これは出来ないと実感しました(汗)

次回の掲載から、「平均3日毎」を
目標に掲載を継続させていただきますので
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


さてさて、祐実軍團「軍報」の第10弾は
神奈川県横浜市におかれていた
横浜海軍航空隊のご紹介を
させていただきますねっ。

横浜海軍航空隊は、飛行艇を専門として
取扱う海軍最初の航空隊として、
首都の防衛を目的に1936年(昭和11)10月に
開設された航空隊です。

ここには、「九七式飛行艇」や世界最高水準の
飛行艇として名高い「二式飛行艇」が配備され
防衛任務にあたっていました。

飛行艇は、胴体下部が船のような構造に
なっており、水に浮揚出来るため、一般的な
飛行機のように、陸上に広大な滑走路を
建設する必要がないため、用地取得の
経済性にメリットがありました。

1941年(昭和16)12月、アジア太平洋戦争が
開戦されると、海軍連合艦隊の
第二十五航空戦隊の隷下となって
転戦しましたが、1942年(昭和17)8月7日、
ガダルカナル島での戦闘において、
アメリカ軍の急襲を受け全員が玉砕し、
壮絶な最期を遂げました。

その後、同年の10月に再建されますが、
1945年(昭和20) 4月の再編成で、
練習航空隊である香川の詫間海軍航空隊に
編入されて終戦を迎えました。

終戦後、横浜海軍航空隊の敷地は
アメリカ軍に接収されましたが、現在は返還され
富岡総合公園や神奈川県警第一機動隊などが
建設されています。また、飛行艇の発着場は
埋め立てられて南部卸売市場となっています。

これらの建設によって整地されていますが、
敷地南側を中心に当時の遺構が
わずかに残っています。


湘南スプリンター電鉄の
スプリンター富岡駅(笑)から
徒歩15分ほどの場所にある
富岡総合公園周辺にやってきました↓


むかし、スプリンター富岡は
急行が停車する駅で、周辺に
「富岡に特急を停めよう」なる
横断幕があったのですが、
今は幕が撤去されたどころか
それまで停車した急行にまで
見捨てられて、普通車しか
停車しない残念無念な状態です。


まずは、正門です↓



続いて、格納庫です↓


この格納庫、とても大きいので
全景を写真に収めることは
非常に難しいです(汗)

裏山に上ってしまえば
撮れそうな感じもしますが・・・


誘導路の跡ですっ↓


ここの探訪は2回しておりますが
全て「雨」ですっ(涙)


コンクリート製の地下施設です↓


これまた、時期が悪かったようで
何を撮っているのか判りませんね(涙)

ホームページに公開するための写真を
関係者の方々にたかりましょうかねっ!
(よろしくお願いいたします)


背面の山にはコンクリートが捲かれた
地下壕が掘削されてます(抜粋)↓


残念ながら、すべての入口が
写真のようにブロックで
ジップロックされているので
内部の状態は判りませんが
かなりの広範囲に入口が
点在していることから、規模は
それなりにあるものと思われますっ。


富岡総合公園の南側には
軍用地境界柵が広範囲に
残存しておりますっ(抜粋)↓



境界柵に沿って、尾根を
進んでいくと、軍用地境界標も
数多く残存しております(抜粋)↓


軍用地境界標にコンクリートが
使われるのは、別に特質な話では
ないのですが、たいていは質が悪く
結構な大きさの石なんかが
混ざっていたりするのですが、
ご覧ください、この質感↓


以下、実際に使用された方々の感想です↓

 ・あっ、ザラザラしてない~(驚)
 ・なめらかだわ~
 ・これだったら、肌にも優しいし・・・

って、化粧品の宣伝かいな~(笑)


【収録遺構】
 横浜海軍航空隊
  建物 1,
  門柱 1,
  地下施設 2,
  地下壕 2,
  軍用地境界標 16,
  その他 2

【探訪情報】
 2005.12.01  第 1回探訪
 2014.03.01  第 2回探訪

 歩数(指数) 約10,000歩(136)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、よい週末をっ!
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:横浜航空隊。

こんばんは。
これも懐かしき富岡の物件ですね。
私が唯一、職質を受けた戦跡でもあります(笑)
たしか9.11の2週間後で、警察の方々もピリピリしていたのでしょう。
格納庫は外壁が変な色合いにリフォームされてしまいましたが、内部をシーサイドラインで移動しながら撮影したのを覚えています。
次回も楽しみにしています。
  1. 2015/07/12(日) 22:34:44
  2. URL
  3. slycrow #RXtWfVJQ
  4. [ 編集 ]

[title]:

slycrow先生

いつも書き込みありがとうございます!
ここの案件、そんなに前から
お調べになっていたのですね(驚)
さすがですっ!

その時は、まだ地下壕も入れる余地が
あったのでしょうかね(;_;)

この周辺には、浜空の他にも
日飛の地下工場もあったようですが
今も判らないままです(>_<)
  1. 2015/07/12(日) 23:15:05
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム