戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 26 23:36:11

【阪奈軍團】(80)陸軍三木飛行場(加古川市)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

やっと、週末ですね。。。
この1週間、三等兵は地獄でしたね。

全ては、好き過ぎてたまらない
クソったれ仕事のおかげですわ。
お仕事、最高っ!

さてさて、仕事に対する
私の意気込み具合を
皆様に知っていただいたところで
「軍報」を掲載させていただきますね。


今回は阪奈軍團から
第80弾といたしまして、
陸軍三木飛行場の遺構群のうち
兵庫県加古川市に位置するものを
ご紹介させてくださいませ↓




三木飛行場は、陸軍の飛行部隊の
教育と訓練を行う目的で設置された
飛行場で、太平洋戦争での戦局が
劣勢になりつつあった
1944年(昭和19)に建設が急ピッチで
開始されました。

翌年の1945年(昭和20)に、
199ヘクタールにもおよぶ
広大な敷地に、3本の滑走路が完成し
戦争末期に特攻作戦を行うための
中継飛行場として使用されたようです。

現在、飛行場跡は三木市・加古川市・
稲美町にまたがっており、
そのほとんどが農地や工場に
変遷していますが、当時の遺構が
残っています。



遠征時の混結相手の筆頭にあたる
おピンちゃん先生と加古川市の
北東部にお邪魔しております↓


今回は、阪奈軍團が密接に
提携させてもらっている
大日本者神國也
盡忠報國先生からの事前情報を
もとに探訪していきますっ★

無知の三等兵に、貴重な情報を
ご提供いただきました
盡忠報國先生に、この場をお借りして
お礼を申し上げます。
ありがとうございました m(_ _)m


早速、山林に入りましたが、
土質が脆く危険な箇所があるため
おピンちゃん先生に待機をお願いし
単騎で乗り込んでいきます↓



軍用地境界標が残っています↓



標柱は、いずれも背面部分に
通番を表す番号が刻まれています。


【収録遺構】
 陸軍三木飛行場(加古川市)

   軍用地境界標 2本

【探訪情報】
 2017.03.20  第1回探訪
 
 歩数(指数) 約2,000歩(86)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


次回の阪奈軍團「軍報」は、
引き続き、三木市に分布する遺構を
ご紹介予定ですっ♪


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる