戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 27 21:59:55

【祐実軍團】(105)陸軍第十七飛行師団成増飛行場

皆様、土曜日をいかがお過ごしですか?

今日はおピンちゃん先生
千葉県八千代市にある
京成バラ園に行ってまいりましたっ!

ちょうど、満開の時期を迎え
とても美しかったですっ★

その模様は、おそらく明日あたりに
おピンちゃんのブログ
掲載されるものと思っていますが(笑)


さてさて、今回は祐実軍團「軍報」の
第105弾といたしまして、
東京都練馬区と板橋区の境界に
おかれていた成増飛行場の遺構を
1つだけご紹介させてください↓




成増飛行場は、首都の防衛を
目的に1943年(昭和18)10月に
開設されました。

飛行場建設の背景には、
首都の防衛が無防備であったことが
露呈した同年4月のアメリカ軍による
空襲がありました。

この事態に慌てた陸軍は、
当時はまだ農地だった
光が丘周辺を半強制的に接収し
わずか数ヶ月で飛行場を
完成させました。

戦後、飛行場はアメリカ軍に接収され、
住宅が建てられましたが、
のちに日本へ返還されて
現在の光ヶ丘団地が建てられ、
飛行場の面影がなくなりました。

飛行場敷地のほとんどが
練馬区にあたりますが、
飛行場の板橋区内の住宅地に
飛行機を格納したコンクリート製の
有蓋掩体が1つだけ残っています。



探訪初回は、重鎮の筆頭にあがる
いっちゃん先生と成増駅から
スタートですっ↓



住宅地内を歩いていきます↓



飛行機掩体が残ります↓


飛行機掩体は個人宅に位置し、
引き続き使用されていますので
住所などの詳細は伏せます。
(この件のお問い合わせには
応じませんので悪しからず
ご了承くださいませ)


飛行機掩体の背面部も
外側から一部見れます↓




この後は、光が丘公園の
界隈を歩いてみましたが
痕跡は皆無でした・・・↓



【収録遺構】
 陸軍第十七飛行師団
 成増飛行場

  飛行機掩体 1箇所

【探訪情報】
 2007.04.08   第1回探訪
 2007.07.21   第2回探訪

 歩数(指数) 約5,000歩(250)


明日は「鉄道」ネタで
ブログの更新をさせていただきます。


それでは、またお会いしましょうっ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる