戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 28 20:06:15

【鉄道】(21)京浜急行電鉄700形

皆様、日曜日をいかがお過ごしですか?

三等兵は恒例の「サザエさん病」と
アルコール性頭痛です・・・
やさぐれ過ぎてお酒飲み過ぎました(笑)


さてさて、今回は
息抜きとして鉄道ネタで
よそ様の写真をお借りしまくりで
ブログの更新をさせていただきます。


今回は京急700形でございますっ★



2代目京急700形電車(wikipediaを抜粋)↓

京急700形電車は、かつて京浜急行電鉄に
在籍した通勤形電車である。

京急で初めて片側4扉の車体を採用し、
1967年(昭和42)から1971年(昭和46)に
かけて4両21編成、84両が製造された。

制御電動車2両と付随車1両の3両単位で
普通列車として運用される様構想されたが、
様々な事情から1970年代の一時期を
除いて付随車を1両追加した4両単位で
運用された。

4両編成では起動加速度が低いことから
本線の普通列車としての運用に難があり
1978年(昭和53)以降は大師線や
ラッシュ時の優等列車に運用の中心を
移している。

1980年(昭和55)から1988年(昭和63)に
かけて冷房装置を搭載する改造が
ほどこされたのち、1998年(平成10)から
2005年(平成17)にかけて廃車され、
高松琴平電鉄に22両が譲渡されたほかは
解体処分された。

自社線内普通列車用として設計・製造され
高度経済成長を背景に混雑が
激しくなったラッシュ時の停車時分を
短縮するため、京急初の片側4扉車とされた。
両開き扉は停車時分短縮の効果が薄いとの
検証結果と、製造コスト抑制の目的から
採用されず、片開き扉となった。

全車電動車の1000形に対し、
製造当時の私鉄各社の趨勢に倣って
コストダウンを目的に、
編成の半分の車両を非電動車とし、
先頭車が制御電動車デハ700形
中間車が付随車サハ770形となった。

出力150 kWのモータを採用、
粘着性能向上のため電動車の車長を
付随車より1 m長くする構造が
採られた。

1000形の2両1ユニットに対し、
700形では電動車はユニットを組まないが、
電動発電機、空気圧縮機などの
一部補器は付随車に搭載されている。
全車電動車の1000形4両編成に対して、
付随車を編成中に組み込んだことで
製造コストが編成あたり同じ4両編成で
800万円(2014年の3009万円に相当)
安価であったとされている。



こんな感じの車両です↓

tetsuradiq様ブログの掲載写真を
 転載させていただいています。


うぅ、ステキですね(涙)


かつて、この形式は
吉村光夫さんの著書に
「見かけは悪いが実力派」と
書かれていましたが
確かにデビュー当時は
イマイチでしたね・・・↓

風雅松本亭様ブログの掲載写真を
 転載させていただいています。

しかも、4扉車のため座席数が少なく
座り心地も浅く高いので悪いのですが
この形式の性能を侮るなかれっ(笑)
モーターの出力は、万能車と称賛された
1000形初期車の2倍もあるし、
速比も、よその鉄道会社の特急車と
ほぼ同一ですっ!

後日談で総括するなら、
よくなかったのは「加速力」と
「運用」する方法でしょうかね。


優等運用に就く700形↓

Panda NEKO No.1様ブログ
 掲載写真を転載しています。

ううっ、素敵すぎて涙が出ますよっ!


かつて、自称「京急教」の信者だった
三等兵は、会社のテツ飲み会で
700形の話でヒートアップしちゃって
掴み合いの喧嘩にまで発展させたことが
ありますが、今はよい思い出です(笑)

私の持論に賛同出来ない人達が
結構いたので、客観視すると
やはりイマイチのようですね・・・

ちなみに、この時の飲み会で
私がブチ切れる引き金をつくった
言葉がこれです(笑)↓

「700なんか、本線なんか出てこないで
 大師線で余生でも送ってりゃいいんだ
 性能悪いんだから」

くはぁ、くだらねえ言い争い(笑)


ちなみに、喧嘩した翌日に
きちんと「仲直り」して、その日に
またサシで飲みに行っちゃうくらいなので
ここで恨み節を書いているわけでは
まったくありませんので誤解なきように。


当時、編成で日本一のドア数となった
700形12両編成の通勤快特↓
img_11_20170528190951fcb.jpg
あど様ブログ
 掲載写真を転載しています。


700形のオール12両編成も
すごくステキでしたけど、
1000形との混結12両編成の方が
私にとっては最高です(笑)
今でも思い出すだけで
身震いしてしまうほどです。
(頭おかしいんで、放っておいてください)


1000形8連とタッグを組む
押上まで行かない700形↓

あど様ブログ
 掲載写真を転載しています。


俗に「1700」と呼ばれる
1000形と700形の混結編成は
当方もわざわざ千葉県から
現地に赴いて乗ったことがあります。
(夜の快特だけですけど・・・)

700形サイドに乗車すると
加速は単独よりも若干よく、
60km/hあたりから、
急に1000形を押そうとする
動きがよーく判りました(笑)
60km/h前後までは
1000形の性能がいいので
700形が引っ張られるのですが
それを過ぎて高速域に入ると
700形の性能がよくなるので
1000形を押し出す形に
なるんですよね。

でも、混結するのは運行密度が
高い朝・夕~夜だったので
高速走行する区間が短く
700形には少々荷の重い
お仕事だったと思います。

例えていうなら、
スーパーマリオカートの
マリオとクッパの車両を
連結器で「混結」したような
感じでしょうか(笑)


品川駅に入っていく
1000形8連と700形4連の
12両混結編成↓

壱ブロ様ブログの掲載写真を
 転載させていただいています。


残念ながら、私の大好きだった
京急1・2・3を本線で見ることは
出来なくなっていますが、
香川県の高松琴平電鉄に
わずかですが、この全てが
渡っています(嬉涙)

ちなみに、当方の京急1・2・3とは・・・
1000形・600形・700形です★


700形の台車です↓

鉄道ホビダス台車近影から
 写真を転載しております。

ウィングばね式ですね。
枕バネが1つで、ダンパーが
ついてます。

乗り心地は良い方だと
思っていますが、微妙かな・・・


本日は、大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m

明日から通常通り
「軍報」を掲載させていただきます。
是非、またお越しくださいませ。


それでは、またお会いいたしましょう★



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)


コメント

[title]:

700、いなくなると寂しいですね。
琴電に乗ればまた会えるのかな?

たしかにブサ電ですが、
分散式クーラーを背負い、
優等運用の長大編成で走る様は
1000よりかっこよかったと
思っています。
  1. 2017/05/29(月) 20:27:44
  2. URL
  3. slycrow96 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:slycrow様

毎度、書き込みありがとうございますっ!

600・1000・700共々
琴電に在籍していますね★
230もまだ健在でしょうか。

ここで持論を展開するのも
アレなんですが(笑)、
700は優等運用でこそ
堂々の晴れ舞台であったと
今でも信じてやみません★

よそ様の借り物写真ばかりですが、
普通運用と大師線運用の写真を
当記事で使わせていただかなかったのも
そういった理由でございまして(笑)

当方は「集中式」の冷房搭載車が
好きなのですが、先生は「分散式」ですか?
当方が知る限り、「分散式」を好む
マニアの割合の方が圧倒的に多いですね。

昔の南海・阪神・京阪・京王の一部の形式は
両単位のキセ数が物凄いですよね(笑)

  1. 2017/05/29(月) 20:59:31
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる