戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 14 20:19:42

【和泉軍團】(50)陸軍第十四師団金丸原演習場

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


関東地方はスッキリしない
天気が続いていますね・・・


朝、小雨がぱらついていたので
以前にコンビニで調達した
安いビニール傘を持って
出たのですが、傘をさそうと
ワンタッチボタンを押したら
ビニール傘と骨組みが
完全に分離しちゃいました~
あまりにも豪快な壊れ方をしたので
噴き出しちゃいました(笑)


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第50弾といたしまして、
先日の那須温泉旅行で立ち寄った
栃木県大田原市におかれていた
金丸原演習場の遺構を
1つだけご紹介させてください↓




金丸原演習場は、陸軍第十四師団に
所属する部隊の兵科演習場として
1912年(明治45)に設置され
これに隣接して演習に来た
将兵のための宿泊施設が
おかれていました。

昭和時代に入ると、敷地の一部が
所沢陸軍飛行学校の不時着場に
指定されますが、演習場は終戦まで
存続していたようです。

現在、敷地のほとんどが
畑地に変遷しており面影が
全くありませんが、将兵のための
宿泊施設が設置されていた場所に
門柱が残存しています。



おピンちゃん先生と一緒に
大田原市に寄らせてもらいました↓



今回はkan先生ブログ
参考にさせていただきまして
探訪をしていきます。


門柱が残っています↓



門柱の裏側にまわってみました↓



このほか、門柱の脇に建つ民家の
敷地内にも廠舎の遺構が
残っているそうですが、
あまり時間がなかったので
今回はこれで引き揚げました~


【収録遺構】
 陸軍第十四師団
 金丸原演習場

  門柱 1箇所

【探訪情報】
 2017.06.10   第1回探訪

 歩数(指数) 約500歩(100)


明日は恒例の運動会があるので
ブログの更新をお休みします m(_ _)m


それでは、またお会いいたしましょう!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる