戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 16 22:18:01

【和泉軍團】(51)所沢陸軍飛行学校金丸原分教所

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昨日は帰りが深夜になってしまい
寝ることが出来なかったので
今日は早めに布団へ行きます(笑)


さてさて、本日は前回に続きまして
和泉軍團「軍報」の第51弾として
栃木県大田原市におかれていた
金丸原飛行場の飛行機掩体を
1つだけご紹介させてください↓




所沢陸軍飛行学校は、航空機の
操縦に従事する航空兵科の将校・
下士官の教育を目的として
1924年(大正13)に発足しました。

昭和に入ると、金丸原演習場
敷地の一部に、所沢飛行学校の
不時着場が設置されたことを
皮切りにして、飛行兵の拡充を
目的に分教所が設置されました。

その後は、母体が所沢から
熊谷・宇都宮と改編されましたが
終戦末期は飛行学校を
軍隊化したことにより編制された
常陸教導飛行師団の拠点と
なりました。

現在、敷地のほとんどが
畑地に変遷しており、
面影が全くありませんが、
飛行機掩体が 1つ残存しています。



前回の探訪に引き続き、
遠征時のパートナーでもある
おピンちゃん先生と大田原市内に
お邪魔しております↓



飛行機掩体が 1つ残っています↓



【収録遺構】
 所沢陸軍飛行学校
 金丸原分教所
 (熊谷陸軍飛行学校
  金丸原分教所,
  宇都宮陸軍飛行学校
  金丸原分教所,
  常陸教導飛行師団
  金丸原飛行場)

  飛行機掩体 1箇所

【探訪情報】
 2017.06.10   第1回探訪

 歩数(指数) 1,208歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


明日は久々に「鉄道」ネタで
ブログの更新をさせてください。


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる