戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 17 13:42:04

【鉄道】(22)広島電鉄800形

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

木曜日に、恒例の運動会が
あったのですが、2日遅れて
筋肉痛になりました・・・
加齢とともに代謝が悪く
なってきているのでしょうね。


さてさて、今回は息抜きとして
鉄道ネタでブログの更新を
させていただきますね。


今回は、広島電鉄800形ですっ★



2代目広島電鉄800形電車(wikipediaを抜粋)↓

広島電鉄800形電車は、
1983年(昭和58)に登場した、
広島電鉄の路面電車である。

1983年に700形(2代)に次いで
登場した路面電車。1997年(平成9)までに
4両が製造された。製造当初の車体は、
同時期に製造された700形(2代)と
殆ど同じだったが、集電装置を
Zパンタに変更、三菱電機製の
回生制動付電機子チョッパ制御に
変更、駆動系を平行カルダン駆動に
変更し、台車の軸バネに
シェプロンゴムを採用した。

製造期間が長期にわたったため、
時代時代の連接車のデザインを
取り入れ変化しているが、
駆動系の機器などに大きな変更は
されていない。

2014年現在、700形とともに
市内線の主力車両として
白島線を除く市内線全線で
使用されている。



こんな感じの車両です↓



2015年11月に、軍跡探訪で
広島入りしたのですが、
市内で最初に乗った形式が
この800形でした。


今の感覚では違うのでしょうが
昔の流れを大いに引きずる
当方の感覚では、路面電車というものは
「抵抗制御」「釣り掛け駆動」が主流と
未だに考えているふしがあります(笑)


広島駅前の電停から、
糧秣支廠の遺構の最寄りとなる
皆実町六丁目の電停まで
この800形に乗車したのですが、
何と、この形式は電機子チョッパ制御で
都営10系や京都市10系・近鉄3000系が
出すチョッパ音と同じ「音」が床下から
聞こえてきて「驚愕」しましたね(笑)

電機子チョッパは機構が複雑で
コストも高くつくため、全国でも
採用された形式は多くないです。
まさか、広電が採用しているとは
微塵にも思っていませんでした(驚)

また、低速での加減速時に
抵抗制御車と比べると
格段に省エネとなるので、
路面電車や地下鉄線内など
低速域間での走行には
うってつけの機構です。

それを広電が採用しているとは(驚)
素晴らしいですねっ★


原爆ドーム付近を力走する800形↓

wikipediaの写真です。


800形の台車です↓

鉄道ホビダス台車近影から
 写真を転載しております。

軸箱支持がシェブロン式という
これまた珍しいものですよっ!


本日は大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m


それでは、またお会いいたしましょう!


↑よかったら応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる