戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 02 22:09:21

【祐実軍團】(12)横須賀海軍軍需部田ノ浦倉庫

皆様、週末をいかがお過ごしでしょうか。

今週は、各地で花火や夏祭りが
多く催されていたのではないでしょうか。
個人的に、花火や夏祭りは
「夏の終わり」を告げられている感があり
終わった後の「虚しさ」がたまらないです。

戦争遺跡を探訪する身にとって、
夏は虫や草などが踏査を妨げるので
嫌な季節なのですが、本当の私は
夏人間なんです(汗)

寒いの「いや」です~(涙)


さてさて、今回は祐実軍團の
「軍報」の第12弾といたしまして
神奈川県横須賀市におかれていた
横須賀海軍軍需部の田ノ浦倉庫を
ご紹介させてくださいませ。


海軍軍需部は、兵器や燃料・物資などを
全国の生産工場などから収集し、
前線にこれらを補給する重要な役割を
果たしていた部署で全国の海軍拠点に
おかれました。

この中で、横須賀海軍軍需部は
1923年(大正12)に設置され、
当初は、現在の汐入町1丁目に
庁舎がおかれましたが、敷地が
手狭になったことから、現在の
長浦町1丁目の海岸を埋め立てて
移転し、本部が建てられました。
また、物資を送り出すまでの期間は
一時的な保管がともなうため、
本部に隣接して田ノ浦地区に
保管倉庫も設置されました。

ここには、被服や糧食などの物資類を
収納するための倉庫が24棟と、
付属建物が32棟設置され、
太平洋戦争末期は、空襲による被害を
防止するために背面の山にも
保管用の地下壕が掘削されましたが、
大きな空襲は受けず終戦となりました。

戦後、敷地はアメリカ軍に接収されましたが
すぐに返還され、現在はベイスターズの
練習場や海上自衛隊の敷地となっており
当時の建物はほとんど消失しているものの
周辺に構築された地下施設を中心とする
遺構が残っています。

なお、横須賀海軍軍需部の倉庫は
横須賀市内では、長浦や比与宇・久里浜・
日向などにもおかれており、当時の
遺構を見学することが出来ますよ♪


JR横須賀線の田浦駅にやってきました↓


ここから、軍需部への物資搬入や保管品の
搬出を横須賀線を経由して行う目的で
敷設された長浦軍用線の跡を歩きながら
ベイスターズ練習場を目指していきます。

練習場の脇に位置する自衛隊の
敷地内には、当時の需品・衣糧研究所が
2棟残っています↓



ここから、田浦駅に戻りながら
遺構をご紹介していきますねっ★


練習場の背面に位置する山の
頂上付近に軍用地境界塀が
広い範囲で残っています↓



山の下には、煉瓦で造られた
地下式の倉庫が残っています↓



地下倉庫の内部です↓


現在、地下倉庫の入口は
塞がれており、中に入ることは
困難ですが、ここの踏査を
始めた頃はウェルカム状態でした。


当時の通用門と思われます↓



長浦町と田浦港町の境界にある
「比予宇トンネル」に平行して
太平洋戦争末期に掘削された
地下壕が残っています↓


この地下壕は、トンネル内部にも
入口(荷捌き口)が残っており
現在も封鎖痕が見れます↓


総延長は、ここだけで約2キロに
及んでおり、かなりの規模を
誇っておりますっ!

内部は、井戸やトイレ・電線跡などが
残っているほか、食器や瓶なども
ところどころで散見されました。

おそらく、他の方の手に渡っている
海軍マーク入りの「精密機械油」の
瓶です↓


さきほど紹介した煉瓦製の地下倉庫にも
無理矢理に接続しています↓


現在、地下壕はほとんどの入口が
土砂で塞がれているため、入るのは
色々な意味で非常に困難です。

地下壕の内部写真をもう1枚載せます↓


ホームページで公開するまでの間
地下壕の内部図を載せておきますね↓
比予宇地下壕内部

※この内部図は、そのうち消します!


この周辺には、他にも地下壕が
数か所構築されていますが、順次
各部門別にご紹介させていただきます。


【収録遺構】
 横須賀海軍軍需部
 (横須賀海軍軍需部田ノ浦倉庫)

  建物 2棟
  門柱 1箇所
  軍用地境界塀 2区画
  地下施設 1箇所
  地下壕 1区画

【探訪情報】
 2004.10.23  第 1回探訪
 2005.07.03  第 2回探訪
 (探訪回数が多いので途中省略)
 2014.08.13  第16回探訪

 歩数(指数) 150,000歩以上(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、明日から頑張りましょうっ!

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム