戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2017 12 20:21:26

【鉄道】(26)東京都交通局10-000形

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今度の3連休に台風が関東へ
上陸するかもしれない予報で
嫌になってしまいますね・・・


さてさて、今回は息抜きとして
よそ様の写真をお借りさせていただき
「鉄道」ジャンルでのブログ更新です。


本日は、今年度で全廃予定の
都営新宿線の10-000形ですっ★



都営10-000形電車(wikipediaを抜粋)↓

東京都交通局10-000形電車は、
東京都交通局(都営地下鉄)新宿線で
使用されている通勤形電車。

1971年(昭和46)に試作車が製造され、
走行試験のため三田線に搬入された。
その後、1978年(昭和53)から
新宿線の開業準備により量産車の
投入が開始され、試作車も台車を
交換した上で同線に転属する。

そして、路線延長・8連化・
列車増発などで徐々に増備を続け、
1997年(平成9)までに8両編成28本の
計224両が製造された。

しかし、初期に導入された車両は
内部構体に普通鋼を使用する
セミステンレス構造で老朽化が
進んでいたため、試作車両の
4両を含む1979年(昭和54)までに
製造されたセミステンレス車108両は
2004年(平成16)から2006年(平成18)に
かけて、順次新型車両の10-300形と
10-300R形に置き換えられた。

その後、中-後期に導入された
オールステンレス車両についても
2013年(平成25)度より
10-300形(3次車以降)の更なる
増備により、置き換えが
進められている。

20m片側両開き4扉の車体である。
座席はすべてロングシートである。
側扉窓ガラスは金属支持である。
当初から冷房車または冷房準備車として
設計され、屋根や天井が当時の
地下鉄車両としては高い。

新型車両の増備によって、
2017年度中には引退が
決定している。



こんな感じの電車です↓

wikipediaの写真です。


今や、チョッパ制御の車両ですら
全廃の危機にある時代です。
鉄道の世界も末だな。

日本から直流電動機を搭載する
車両が消滅したら、当方は
日本の鉄道を好きになることは
一切ありません(断言)


当方は1年間だけ都営新宿線の
沿線に住んでいたことがあり
この形式には馴染みがありますが
この当時は、まだ抵抗制御車が
大手民鉄のいたるところに
台頭していたため、それほど
関心はありませんでした。
京急1000・京成3300など・・・


京王線内で優等運用につく
都営10-000形↓

wikipediaの写真です。


性能が判る諸元表を見てから
この形式が好きになりました(笑)

6M2Tの編成ながら、
165kWというバケモノ級の
モーターを搭載しているのが
非常に魅力的です(笑)

しかも、電機子チョッパ。
ものすごく高価な車両ですが
地下鉄線内の低速域であれば
無駄な電力が発生しない
経済的な車両なので、
費用対効果はあります。


笹塚駅に入る都営10-000形↓
Toei-10-000-10-230F.jpg
wikipediaの写真です。


都営10-000形の台車です↓
kd82.jpg
鉄道ホビダス台車近影から
 写真を転載しております。

円筒案内式の台車ですねっ★
近鉄や京急などでは、昔から
積極採用されていますよねっ♪
素敵ですねっ★


本日は大変な「脱線」と「的外れ」な
ブログ更新で申し訳ありません m(_ _)m


それでは、また明日っ!



↑もし、よろしければ
 応援してやってください♪

コメント

[title]:また1つ失われて行く…(;´Д`)

当方も10年位前は東京に居たんですが、当時はこの「ありきたりな顔した」車輛に全く興味ありませんでした。f(^-^;
国鉄201系とそっくりなチョッパ音は好きでしたけど…
ある程度速度が上がる(抵抗制御では全抵抗短絡状態)とチョッパしなくなって(ONになりっぱなし)音が無くなっちゃうのは、国鉄201系より斬新だと思ったんですけど。
朝早くとか夜遅い(←特に酔っ払って帰る時…笑)列車本数が少ない時の減速時、回生失効して断流器のパコッ!聞けた時はレアでしたよね?

今年こそは都営フェスタ行こーかしら?
  1. 2017/09/15(金) 06:12:19
  2. URL
  3. まё #-
  4. [ 編集 ]

[title]:まё様

書き込みありがとうございますっ!

前照灯と尾灯は丸型で前窓下に配置という
俗にいう「小田急9000顔」って、
この当時はかなり流行していましたね。
確かに「ありきたりな顔」です。

チョッパ音は、近鉄系列で同系の
採用例があり、今は無き3000系や
今も現役の京都市交10系が
これと全く同じ音で駆動します。

回生は、電力を使ってくれる車両が
周辺にいないと失効しますからね(笑)
しかし、当方はこの形式の回生失効ケースを
聞いたことがないのです・・・

都営5300(浅草線)以前に登場した
車両群が健在だったら
都営フェスタに行ってたかもしれんのですが
どうにもインバーターが台頭しちゃって
魅力に感じないんですよね~(汗)
  1. 2017/09/15(金) 09:46:05
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:この冬(←冷房が使用されなくなる時期)は録り鉄(音)だー!

あ!なるほど~
この頃からだったんですね!前照灯(現場では前灯だったっけ)を窓下に付けるのがしばらく流行ったのが。
濃霧とか降雪・雨の時、目線よりも前照灯が下だと見難くなっちゃいますよねぇ…(;´Д`)
灯火が上に在った方が電車(列車)が接近に気付くのが早かったり…
で、灯火は上に在った方がイイー(゚∀゚)と思うのは自分だけはないと思うんですが…どーです?
因みに、小田急ロマンスカーは高速運転するのに…(*´Д`)と思いますが。(←何も知らないクセに生意気言ってスミマセン)

そーそー!
改めてWIKIセンセーで京都市交10系を見たら…
なんと!2014年からVVVF化されちゃっているんですって!?
部品が生産中止では、仕方ないですけど…。
そーいや、国鉄205系の主制御器に8085(8bit)マイコンが使用されていたんですが…
インドネシアへ輸出されたり…向うで故障した場合、部品はどーしているんでしょうねぇ?
日本では、マイクロスイッチ(行先表示器とか可動する機器に使用されている)ですら生産中止になった品番が多くて困っているのにw

そーいえば…
国鉄201系はノッチオフ時に断流器音「パコッ!」しましたよね!
(回生失効時ではなくても、ある一定条件の時↑)
京葉線地下ホームから発車時、流しノッチ時とか…音⇒「み゛ぃーーーパコン!………み゛ぃーーーーうぅーーー…」
2001年辺り、京葉線地下ホームでこの音を大声でマネしている兄ぃーちゃんが居たっけ。(笑)
いや、ボクぢゃないですよ~。(゚∀゚)

あれぇーっ!都営フェスタ行かないんスかぁ~(ToT)
甘くて超美味いのに…(←そっちか!)
確かにVVVFだらけですが、普段まんず入れない所に入れるのー♪良くないっスか?
  1. 2017/09/16(土) 06:05:26
  2. URL
  3. まё #-
  4. [ 編集 ]

[title]:まё様

書き込みありがとうございますっ!

窓下に丸型前照灯2つというスタイルは
京成系列の車体更新に採用されましたよねっ★
京成3000系列とか、新京成800とか。
西鉄2000や5000にも採用されていますね。

京都市交10系はインバーター改造ですか・・・
去年乗った時は、まだ現役っぽかったのですが
残念ですね(涙)

201系は、大阪環状線でまだまだ現役で
走っていますねっ★

確か4M4Tだから、加速力はすこぶる悪い(笑)
103も4M4Tが多かった気が・・・
JR西は車両を大事に使っているのが
ものすごくステキですよね★

都営フェスタ・・・
インバーター車両には興味ないんだよな~
5000・5200・6000あたりが
保存されているなら行ってもいいんですが(汗)



  1. 2017/09/16(土) 20:28:32
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる