戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 10 18:05:56

【和泉軍團】(7)横須賀海軍鎮守府桜花特別攻撃隊下滝田基地

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
関東地方は今日も暑かったですね~
静岡県の戦争遺跡調査三昧だった
三等兵の「夏休み」も今日でおしまいです。
結局、踏査ばかりが進んでホームページの
更新があまり進まない・・・(涙)

さてさて、「田浦」ネタばかりで
そろそろ飽きてしまった方も
いらっしゃると思いますので、
今日は和泉軍團「軍報」の第7弾として
千葉県南房総市に構築された
横須賀海軍鎮守府の桜花部隊の
下滝田基地の遺構を簡単に
ご紹介させていただきたいと思います。


下滝田基地は太平洋戦争の戦局が
劣勢となったことにともない、本土決戦の
切り札として開発された「桜花」により
特攻を行う拠点として1945年(昭和20) に
建設が開始されました。

ここには、25機の桜花と横穴式の格納庫が
2つと火薬ロケット・ターボジェットを併用した
推進用カタパルトが配置される予定でしたが、
建設の途中で終戦を迎えました。

現在、跡地は山林となっているため
埋もれつつありますが、当時の遺構が
残っています。


南房総市の三芳地区にやってきました↓



ここから、友人宅の前を通って下滝田の
低山を目指して進んでいきますっ。
基地跡へのアプローチは非常に
判りづらいので、道に迷ったら
周辺で農作業をされている方々に
聞いてみてください。


推進用カタパルトの基礎部分です↓



カタパルトの背面には横穴式の
格納庫が埋もれるように残っています↓



横穴式格納庫の内部です↓


内部は素掘り構造となっていますが
掘削途中で終戦となったためか
坑道延長は10メートルもありません。


基地がある山を下り、県道を挟んだ
反対側に位置する知恩院の境内には
推進用カタパルト上に設置されていた
当時のレールが移設されています↓


特に保存の意志を示す看板などは
ありませんでしたが、このまま
残っていて欲しいものです。


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府桜花特別攻撃隊
 下滝田基地

  地下壕 1区画
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2006.01.29  第1回探訪
 2007.03.02  第2回探訪
 歩数(指数) 約2,000歩(100)


ホームページですが、昨日の日付で
若干の更新が出来ておりますっ★

お時間がある時に、是非
ご覧くださいませ m(_ _)m

今回の更新は以下です↓
 ・大阪府
  大阪市(54)

是非、こちらからアクセスをお願い申し上げますっ↓
 祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース

さてさて、次はどこの自治体の案件を
制作していきましょうかね~(汗)
最近、滋賀県の方々からのアクセスが
増えているので大津市にしましょうか。

大津市をやって、その後は美恵軍團管轄を
強化いたしましょうかね。。。

あっ、ぼやいてしまってスミマセンm(_ _)m
それでは、よい1日を★

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる