戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 17 21:56:30

【祐実軍團】(18)横須賀海軍警備隊第一高射機銃大隊八景山防空砲台

皆様、お盆明けの月曜日を
いかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、いろいろありまして
疲労困憊でございますっ・・・

おまけに、ホームページを進めようと
東京都昭島市の戦争遺跡の写真の
漁ってみたところ、全消失が発覚・・・
いや~、まいった(汗)

しかも、アクセスカウント5,000のキリ番を
自分自身のアクセスでとってしまう
大失態・・・

今日は早く寝ることにします。。。


さてさて、本日は昨日に引き続きまして
祐実軍團「軍報」の第18弾としまして
神奈川県横浜市金沢区におかれた
第一高射機銃大隊の八景山防空砲台の
遺構をご紹介させてくださいませ。


八景山防空砲台は、横須賀軍港を
統括していた横須賀海軍鎮守府の
隷下におかれ、軍港周辺の防衛任務に
ついた横須賀海軍警備隊が守備する
防空砲台として、横須賀海軍航空技術廠支廠を
防衛することを目的に、1944年(昭和19)に
建設されました。

ここには、同隊の傘下におかれた
第一高射機銃大隊下の第二高射機銃中隊の
兵員17名を配置し、25mm連装機銃を
2基据え付けて、防備にあたりました。

現在は、敷地の一部が上行寺裏手より
横浜市立大学裏手方面へと延びる林道と
なっていますが、山林内に遺構が
放置されている状態で、土砂に埋もれつつ
あるものの、通行用トンネルや建物基礎などを
見ることが出来ます。

なお、林道は一般に整備されているものと
違い、埋もれかかっているので
これらを見学の際は危険が伴うので
細心の注意が必要ですよっ。


神奈川県民の「自慢」でもあるらしい
俊足スプリンター電鉄の金沢八景駅から
歩いて30分以上かかる、横浜市立大学の
裏山にやってまいりました↓



道なき道を北側へ進んでいくと
用途不明の当時の遺構があります↓



その脇には水槽が残っています↓



ここから馬の背になっている尾根を進むと
弾薬庫とおぼしき壕が残っています↓



この壕の脇には通行用のトンネルが
残っています↓



トンネルの内部です↓



今回、機銃座を特定することは
出来ませんでしたが、この周辺に
おかれていた可能性が高いですっ★


ここから上行寺方面に林道を進んでいくと
当時の建物と思われる基礎部分が
残っています↓



その横にも水槽が残っています↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 第一高射機銃大隊
 八景山防空砲台

  建物基礎 1箇所
  地下壕 1箇所
  トンネル 1箇所
  その他 3箇所

【探訪情報】
 2006.06.24 第1回探訪
 2006.07.08 第2回探訪
 2006.11.05 第3回探訪
 2007.02.17 第4回探訪

 歩数(指数) 約50,000歩(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、おやすみなさいませっZzz

←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる