戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍

ARTICLE PAGE

【阪奈軍團】(14)陸軍由良要塞加太砲台

皆様、こんばんわm(_ _)m
火曜日をいかがお過ごしでしょうか。
今日も関東地方は暑かったですね~(汗)


さてさて、今回は阪奈軍團「軍報」の
第14弾といたしまして、
和歌山県和歌山市におかれていた
陸軍由良要塞の加太砲台の遺構を
ご紹介させていただきますねっ★


陸軍由良要塞は、日本第二の
経済都市であった大阪の防衛を目的に
紀淡海峡から大阪湾への敵艦船の
侵入を防ぐために構築された
強力な火砲群と、これに関連する
施設群の集合体です。

これらは加太地区・沖ノ島地区(友ヶ島)・
由良地区(兵庫県洲本市)にそれぞれ配備され
連携しながら敵艦船を撃滅させる
強力な火網を形成していました。

加太砲台は、由良要塞の 1つとして
加太地区に配備された砲台で、
1904年(明治37)に完成し、27cmカノン砲が
4門据え付けられていました。

現在、砲台の跡地に和歌山市立少年自然の家が
建てられており、砲台の一部が滅失してますが
比較的良好な状態で残存しています。

ちなみに市立少年自然の家の
営業時間内であれば見学は自由に出来ますが
そのほかの時間帯は内部に入れないので
事前に営業時間を確認しておくことを
お奨めいたしますっ★(定休日もあります)


南海電車の加太駅から歩いて30分くらいの
場所にある市立少年自然の家に
やってまいりました↓



中に入ると、さっそく砲座がお出迎えです↓


砲座は、砲床と砲側庫部分にコンクリートが
使用され、背部は石で造られています。
また、中央部分には27cmカノン砲を
据え付けた跡が円を描いて残っており、
周りには砲の固定に使用された
ボルト群も見ることが出来ます。


もう一つの砲座は、中央にアスレチック場へ
向かう道路が貫通しており、残念ながら
一部しか残っていません↓



各砲座間には、弾薬庫が設けられており
2つを確認することが出来ます(抜粋)↓


外側は石で構築されており、ポイント部分に
コンクリートが使われています。
また、入口部分は煉瓦が使われており
地表よりも数段低い位置にあります。

内部はコンクリートで構築されており、
最深部分は丸みを帯びた造りで
幅 2.5m・高さ2m・長さ5mの空間と
なっています。


右翼砲台長立台です↓



右翼観測所と付属掩蔽部です↓



観測所はコンクリート製で円形を呈しており
中央部分には測遠器を据えつけた
台座の跡が残っており、背面部分は
掩蔽部に接続されています。


グレース先生っ! 出番ですよっ★↓



ちなみに、現在は消失していますが
園内の給水タンクがある部分に
左翼観測所がおかれていました。


右翼観測所の北側の山林内には
防御営造物境界標が2つほど
残っております(抜粋)↓


標柱は安山岩製で、表面に「陸」の文字と
漢数字表記の通し番号が明朝体で
記載されています。

これは、由良要塞オリジナルの
標柱っぽいですね。しかも初期型っ★


近くに残る関連遺構です↓



「飲料水路」と記載された標柱です↓


現在のところ、設置目的は解っていませんが
これと同様の標柱が田倉崎砲台や
友ヶ島第二砲台にも残っており、
砲台に関連する遺構であることは
間違いなさそうです。


左翼砲台長立台です↓



少年の家を後にして、淡島神社方面に
向かっていきますが、遺構はまだまだ
残っておりますっ★


まず、付属建物です↓



トイレです↓



関連地下施設です↓


全面コンクリート製の平屋構造で、
用途は解っていませんが、入口や窓の
形状が一般的な砲台施設のものと
非常に似ており、当時の石垣に
囲まれているため、砲台関連の施設で
あった可能性が極めて高いです。

内部は、縦 3m・横 9mの空間となっており
側面部分に窓と通風口、背面部分に
窓が 2つ設けられています。また、壁面は
厚さ 1mのコンクリートで強固に
構築されています。

これらの構成から推測する限りでは、
兵舎や待避所などの棲息施設に
使われていたのではないかと
思われますが、資料などには記載がないので
何とも言えません・・・

現在は、特に活用されておらず、
放置された状態なので内部を
見学することが可能です。

余談ですが、これに似た構造物が
田倉崎砲台にも残っていますっ★


門柱です↓



おいっ!なにやってんだっ!
ワンちゃんに怒られてしまいました↓



淡島神社に近い住宅地内にも
防御営造物境界標がいくつか
残っています(抜粋)↓



ここで17時の時報が流れ、
遠征の最期を感じた三等兵でした・・・

いつかは、当方に関係する皆様を
ここへご案内したいと思っていますっ★
皆様、2泊3日でやりましょうねっ♪
(よろこんで企画させていただきますよ)


【収録遺構】
 陸軍由良要塞加太砲台

  砲座 2箇所
  観測所 1箇所
  地下施設 4箇所
  建物 2棟
  門柱 1本
  軍用地境界標 9本
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2008.02.23  第1回探訪
 2008.02.27 第2回探訪
 2008.03.18 第3回探訪

 歩数(指数) 50,000歩以上(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いしましょうっ♪

←応援してくださいっ♪

4 Comments

yakumo  

遠征ご苦労様です

随分とリニューアルされましたね、こちらもご苦労様です
自分も昨日遠征から帰って着ました、現在写真整理に追われています
やっぱり遠征は地道な下調べが物を言いますね~
発見できなかった物、発見に時間がかかった物など、有効に時間が取れませんでした

2015/08/20 (Thu) 14:25 | EDIT | REPLY |   

祐実総軍三等兵  

yakumo先生

書き込みありがとうございます。
遠征、まことにお疲れ様ですっ!

ほんと、地道な下調べは大事ですよね。
特に、遺構が多くて家からも遠い
広島・長崎などは効率よいプランを
考えないといけないですね・・・

私も、これから考えていかないと(笑)

2015/08/20 (Thu) 19:27 | EDIT | REPLY |   

たくあん  

No title

懐かしい!
ここは3年前に行ってきましたよ。
http://takuan21a.blog35.fc2.com/blog-entry-2539.html

残念ながら友ヶ島には船が2日連続で出なかったので行けなかったのが心残りです。。。
雨男で有名ですからね。。。(T_T)

それにしても詳しく調べてなかったので見落とした石杭も多くあったようです。

2015/08/21 (Fri) 00:12 | EDIT | REPLY |   

祐実総軍三等兵  

No title

たくあん様

実は、友ヶ島の砲台群は当方も
全て見切れていないので、現在のところ
不完全燃焼なんです・・・

加太・田倉崎で確認出来た
防御営造物境界標はかなりの数です。
不完全燃焼でしたら、一緒に行きますか?(笑)

2015/08/21 (Fri) 08:28 | EDIT | REPLY |   

Post a comment