戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 22 22:48:31

【祐実軍團】(19)横須賀海軍軍需部比与宇火薬倉庫

皆様、こんばんわっ!
土曜日をいかがお過ごしでしょうか。

三等兵の地元では花火大会がありまして
見に行ってまいりましたっ★

ですが・・・

終わった後の虚無感が半端ない(涙)
夏も終わりなのですね・・・


さてさて、気持ちが下がる前に
本日も遺構紹介をさせていただきます★
本日は、祐実軍團「軍報」の
第19弾といたしまして、
神奈川県横須賀市におかれた
横須賀海軍軍需部の比予宇火薬倉庫の
遺構をご紹介させてくださいませ。
(また田浦ネタです)


毎度のご説明になってしまいますが
海軍軍需部は、兵器や燃料・物資などを
全国の生産工場などから収集し、
前線にこれらを補給する重要な役割を
果たしていた部署で、物資を送り出すまでの
間は一時的な保管が必要であるため
沢山の保管倉庫が建設されました。
このうち、比与宇倉庫は弾薬類を保管する
目的で設置され、誘爆しないように
土塁で囲まれた火薬庫と付属施設が
おかれました。

戦後、敷地はアメリカ軍に接収されましたが
現在は返還され、海上自衛隊が
そのまま使用しており、建物や地下壕が
現存しています。


今回は京浜急行電鉄カーブ式会社の
安針塚駅スタートですっ↓



毎度おなじみ、比予宇トンネルを
抜けていきます↓


この比予宇トンネルは、普通の
トンネルだなんて言わせませんよ(笑)
(この私が許しませんですっ)
ここだけで飲み会のワンタイムに
匹敵するくらい語れますっ★
あえて、ここではしませんが(笑)


トンネルを抜けて右側の自衛隊敷地が
火薬倉庫跡で、現在も数棟の建物が
活用されています(抜粋)↓



火薬倉庫と比予宇トンネルとの間の
山に地下壕が残っています↓


内部の様子です(抜粋)↓


内部は素掘り構造で、ところどころで
坑道の補強痕が残っています。
また、海軍食器や海軍マーク入りの
瓶なども散見出来る貴重な地下壕です。

一番の目玉はこれでしょうか↓


十二月六日
武井
島田
笹本
坂本

これ、よくあるいたずら書きなんかじゃ
ないですからね~(汗)

おそらく、掘削に携わった方々の
メッセージであると思いますが
意図は読み取れませんでした。。。


地下壕の内部図です↓



【収録遺構】
 横須賀海軍軍需部比与宇火薬倉庫

  建物 3棟
  地下壕 1区画

【探訪情報】
 1996.02   第1回探訪
 2005.04.17 第2回探訪
 2006.05.03 第3回探訪
 2006.05.05 第4回探訪
 2006.05.13 第5回探訪
 2006.06.17 第6回探訪

 歩数(指数) 50,000歩以上(999)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いしましょうっ♪


【関係者の皆様へお知らせ】
 メールでご連絡させていただきましたが
 ご指名させていただいた皆様からの
 ご回答を受けまして、とりあえず
 9月21日(月)をサミット候補日として
 これから調整をさせていただきます。
 詳細は改めてご連絡しますねっ!


下の写真の地下壕がどこか判ったら
確実に三等兵の関係者です(笑)↓



ではではっ★


←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる