戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 23 19:56:37

【美恵軍團】(9)陸軍第十五師団司令部

皆様、日曜日をいかがお過ごしでしょうか。
明日から平日が続きますねっ(涙)

今日は24時間テレビを観てるので
「サザエさん病」にはなっていませんが
このままいくと「おしゃれイズム」あたりで
発症するものと思われます(笑)


さてさて、今回は
美恵軍團「軍報」の第9弾といたしまして
愛知県豊橋市におかれていた
陸軍第十五師団の司令部関係の遺構を
ご紹介させてくださいませ。

第十五師団は、日露戦争の開戦により
新設された4師団(第十三~第十六)の
1つで、1905年(明治38)に豊橋で
編制されました。

師団新設の背景には、日露戦争での
苦戦があり、日本は既成の師団を
全て戦地へ投入し、日本国内に駐留する
師団がなくなってしまったためです。

日露戦争後、第十五師団は
朝鮮半島内の警備にあたるため
動員されますが、1925年(大正14)の
軍縮で師団そのものが廃止となりました。

昭和に入ると、下士官を養成した
陸軍教導団の後釜である教導学校が
開設され、第十五師団の跡地を利用して
歩兵科の下士官候補生の育成が
行われましたが、その後の組織改正や
予算都合などにより、最終的に
予備士官学校として使用されました。

一方、軍縮で廃止された第十五師団は
1938年(昭和13)に日中戦争遂行のため
編制地を京都に変更して再編制され
インパール作戦などに参戦して
甚大な被害を出し、転進先のタイで
終戦を迎えました。

現在、跡地のほとんどは愛知大学の
敷地として活用されていますが、
当時の建物が残っており
見学することが可能です。


愛知大学にやってまいりました↓


ちなみに、この門柱は
当時のものといわれています。


大学内に司令部庁舎が残っています↓


建物は1908年(明治41)に建てられ
基礎部分が煉瓦の木造2階建て構造と
なっています。


これも当時の建物です↓



豊橋鉄道の線路脇には
軍用地境界塀が広い範囲で
残っています(抜粋)↓



ん? これは何でしょうね?↓



大学から北西に500mほど離れた
場所に第15師団長の官舎があります。


門柱です↓



官舎です↓


建物は1912年(明治45)に建てられ
基礎部分が煉瓦の木造平屋構造と
なっています。


付属建物です↓



当時の井戸と思われます↓



通用門も残っています↓



門柱脇には軍用地境界標が
1つだけ残っています↓



この後は、名古屋に住む旧友と
2年ぶりの再会をはたすために
豊橋から名古屋へ移動し
居酒屋で泥酔した三等兵なのでした。


【収録遺構】
 陸軍第十五師団
 師団司令部

  建物 4棟
  門柱 3箇所
  軍用地境界塀 2箇所
  軍用地境界標 1本
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2013.09.20  第1回探訪

 歩数(指数) 8,292歩(96)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★

また、別件でホームページの
更新を少しだけしております。

今回の対象は以下です↓
 滋賀県米原市(1)
 山梨県大月市(1)
 埼玉県坂戸市(1)・川越市(2)

お時間がある時にでも見てください↓
 祐実総軍 ― 戦争遺跡データベース


それでは、またお会いいたしましょう★
←応援してくださいっ♪

コメント

[title]:コメントありがとうございますw!!

HP、拝見いたしました!w
オリキャラさん達が出迎えて下さいました。
みなさんべっぴんさんですね(>ヮ<〃)

いやあ、戦跡の雰囲気っていいですね~。
そこはかとない情緒と、憂いと、
現代日本を見守る感が胸を締め付ける。


あ、絵のご依頼がありましたらお気軽に。
・・・博打になるかもですが(爆)

ごめんなさい。妙な言い回ししかできなくて。
依頼絵に関する過去のコメントやお知らせを
半端に消してるので意味がわかりませんよね(汗)
現在進行形で少し事情があるのです。


なんと! 偶然見つけました。
リンクもしてくださったのですか?
ありがとうございます!!w
O(≧▽≦)O

オイラの方でも相互リンク、
よろしいでしょうか?


ナルナル

  1. 2015/08/24(月) 02:15:06
  2. URL
  3. ナルナル #.DiwLLNc
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

ナルナル様

いつも訪問いただき、
ありがとうございますm(_ _)m

「戦争遺跡」の定義って
なかなかアバウトなところが
ありましてね・・・
うまく表現が出来ませんが、
結果として、「戦争」という行為に
繋がってしまっているので
「暗」の傾向が強いのですが
遺構から学ばなくちゃいけないのは
「戦争」だけではなく、
「技術」や「知恵」なんかもあり、それらが
今ある世の中の原点だったりします。
そういった部分も含めて、うまく拙ページで
伝えていきたいのですが、難しいですねっ!


描画の件ですが、本気でお願いするかも
しれませんm(_ _)m

何の説明もないので、ページ構成を
読み取るのは難しいかもしれませんが
各地方毎に役柄をもった5~6名の
キャラクターを所属させて
「軍團」というバーチャルな調査集団を
構成しています。

(各軍團の元締めがTOPページの
「総軍」となります)

キャラクターの描画と役設定が
出来ていないので、関東・東海・近畿しか
公開出来ていないのです(汗)


もし、ナルナル様の方でお時間が捻出でき
片手間くらいの作業で済むようなら
制作の一翼を担っていただけませんか?
(もちろん、タダとはいいません)
何かありましたら、下記のアドレスまで
お知らせくださいませ↓
 yumisogun.yamasan@gmail.com


相互リンク、大歓迎ですっ!
ジャンル外で邪魔じゃなければ
よろしくお願いいたします m(_ _)m
  1. 2015/08/24(月) 07:50:18
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる