戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

2018 19 20:19:44

【祐実軍團】(148)陸軍東京湾要塞猿島第一砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


「贅沢」なお話しですが、ここのところ
壕内図ばっかり電子化していて
ちょっと「飽き」が来てしまいました(笑)

壕内図を作っているとはいえ、
人それぞれの尺度があるので、
他の方々から、どのような評価を
いただいているかは判りませんが、
少しでも参考になれば幸いです。

後で改めて掲載させていただきますが
昨日の日付で我々のホームページに、
手こずってしまった神奈川県三浦市の
抵抗拠点陣地を掲載しましたので、
一般的な会社の「深夜残業」が
発生する時間帯にでも見ていただければ
内部図込みで見られると思います★


さてさて・・・
本日は祐実軍團「軍報」の
第148弾といたしまして、
神奈川県横須賀市におかれていた
猿島砲台の一部(当方の尺度でいう
猿島第一砲台)をご紹介します↓




猿島第一砲台は東京湾要塞の 1つで、
観音崎の第一砲台・第二砲台・
第三砲台と同様に、東京湾要塞の中で
最も早い1884年(明治17)に竣工し、
1895年(明治26)に27センチカノン砲を
2門据え付け日清戦争・日露戦争の
戦備につきました。

しかし、1923年(大正12)に発生した
関東大震災によって破損したため、
そのまま1925年(大正14)に
除籍されました。

現在、猿島は貴重な自然や歴史遺産が
残されていることで国の史跡にも
指定されており、島の全体が
保存されているため、当時の遺構も
数多く残存し、簡単に見学することが
可能です。



昨日のブログに引き続き、
いにしえである古株メンバーの方々と
猿島に上陸しますっ↓



一口に「第一砲台」といっても、
明確な遺構の括りはありませんので
赤丸の部分に残る遺構群について
本ブログ・ホームページ上で
「猿島第一砲台」と定義して
ご紹介させていただければと・・・↓



猿島に上陸し、第二砲台を経由して
連絡トンネルを抜けると、
お目当ての第一砲台の背面に
着きます↓



まずは、上記の写真に写る
「切り通し」に位置する遺構群を
ご紹介させてくださいませ。


掩蔽部が2つ残ります↓


残念ながら、2つの入口部分は
金網や木板で封鎖されてますが
片方は内部が覗けるようになっており
連絡通路が設けられ繋がってることが
判ります。


掩蔽部の脇にはトンネルが
残っています↓



掩蔽部の背面に弾薬庫が
1つ残っています↓


弾薬庫の背面は、関東大震災後に
移管されて引き継いだ海軍により
トンネル状にブチ抜かれてます↓


上記写真の左に写る封鎖部分が
上部に繋がる揚弾口です。


上部に進んでいきます↓



弾薬庫の両側には、
埋もれていますが砲座が
2箇所残っています↓




弾薬庫から繋がっている
揚弾口も残っていますが
事故防止のために塞がれてます↓



【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞
 猿島第一砲台

   砲座 2箇所
   地下施設 3箇所
   トンネル 1箇所

【探訪情報】
 2006.10.28  第1回探訪
 2008.02.10  第2回探訪
 2017.04.08  第3回探訪
 2018.01.13  第4回探訪

 歩数(指数) 未計測(360)


後ほど、ホームページ内でも
ご紹介させていただく予定です。


また、次回以降の祐実軍團「軍報」は
この続きとなる第二砲台と、
電灯所の遺構をご紹介していきます。


※2018.1.21 追記
 当方の分類ミスにより、本記事での
 遺構紹介に不足がありましたので
 以下の記事も併せてご覧ください↓

  【祐実軍團】(149)猿島第二砲台


それでは、よい週末をっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

コメント

[title]:壕内図

本当に有難うございます。
マジで活用してますよ。
  1. 2018/01/20(土) 00:17:27
  2. URL
  3. ルルル #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ルルル様

書き込みありがとうございますっ!

そう言っていただけると、
内部図冥利に尽きますっ(笑)
これしか能がないもんですから(涙)

神奈川県内の壕内図は
ある程度の電子化が進んでますが
他県のものは、ほとんど0に近いので
こちらも進めていかなくては・・・(汗)

ルルル先生のご期待に今後も添えるように
精進しますっ!
  1. 2018/01/20(土) 00:44:23
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿