FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

2018 31 13:00:00

【鉄道】(36)近畿日本鉄道3000系

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


仕事での無能ぶりが評価され(笑)
本日を以って他部署へ異動となるため
ちょっとした催しが業後にあり、
ブログの更新が出来ないと思われるので
今回は13時にアップされるように
事前に予約させていただきますね。


今も東京都区内の西側まで
通勤しているのですが、
今度はもっと西側になります・・・
勘弁してくれ・・・
残業しねーからなっ(笑)


さてさて、本日は「鉄道」ネタで
ブログを更新させていただきます。


今回は、近鉄で運用されていた
3000系について想いを書きます(笑)

なお、毎度のことで恐縮ですが
写真を保有してないので
よそ様からの「転載」であることを
予めお断りしておきます m(_ _)m



近鉄3000系電車(wikipediaを抜粋)↓

近鉄3000系電車とは、近畿日本鉄道が
1979年から2012年まで保有していた
一般車両(通勤形電車)である。

近鉄における省エネルギー車両の
試作車であり、同社唯一の
オールステンレス車両である。

製造当時、具体的な案件としてあった
京都市交通局烏丸線との直通運転に
対応すべく、様々な試作要素を盛り込んで
1979年に近畿車輛で製造された。

当時はバッド社の特許の関係で、
日本国内では東急車輛製造以外の
メーカーではオールステンレスカーの
製造は不可能であったが、近畿車輌では
東急車輛製造とは異なる方法を
採用することによって
オールステンレスカーの製造を行った。

そのため、東急車輛製造以外の手による
オールステンレスカーは日本国有鉄道が
1985年に205系で採用するまでは
本系列が日本国内で唯一の存在であった。



wikiと同じことをずらずらと転記しても
あまり意味がないので、このくらいに(笑)


こんな感じの車両です↓

wikipediaの写真です。

この形式の初めての出会いは
私が中学生の頃で、千葉県では
ほぼ「お決まり」である京都への
修学旅行です。

ちょっと、記憶があいまいですが
近鉄線上で京都市交の車両を
間違いなく見ているので、
近鉄と京都市交が相互乗り入れを
開始したくらいの時期だと思います。

これだけはしっかり覚えていますが
ホテル杉長が修学旅行の宿で
宇治の平等院へヤサカ観光バスで
向かっている途中で
この形式を目撃しました(笑)

この時は、近鉄電車の一般車は
赤一色(だったはず)で、そんな中に
ステンレスの無機質な車両が
京都方面に走っていく姿を
バスの中から見ました。

「こんな形式もあるんだな~」といった
程度の受け止め方でしたが、
近鉄で1編成しか存在しないことを
後になって知り、関心をもちました(笑)


優等運用につく3000系↓

ピロ様ピロのブログより
 写真を転載しています。


乗車経験は、たったの1回(笑)
社会人になって大阪に赴任した時、
関西に滞在する機会なんか
そうそうないから、これを機に
色々なところを行ってみようと
この日は京都タワーに行ったんです。
(お友達少なかったので一人で・・・)


今、思い返すと、この時期は
地下壕系しか関心がなかったのですが
ジャンルを問わずに軍跡の探訪を
本格的にやっていればよかったな・・・と
後悔してます(涙)


あっ、ちょっと脱線しましたが、
最寄り駅の清荒神から阪急電車で
十三を経由して烏丸まで行き、
烏丸から地下鉄で京都駅に向かう
ルートで行きました(笑)

京都タワーから眺望を楽しんだ後は
ついでと言っては語弊がありますが
東西の本願寺を見て帰りました。

帰りのルートは、行きと同じじゃ
マニアとしては能がないから
京都駅から近鉄に乗って
丹波橋から京阪で京橋に行き
ここからは通勤定期を使って
大阪梅田~清荒神としました。

まえおきがものすごく長くなりましたが
京都駅から丹波橋まで乗った電車が
4両編成の3000系だったんです。
(確か、急行の天理行きです)

中学時代にバスから見ただけの
たった1編成の形式の乗車機会に
恵まれたことに感動しました(笑)


1両切り離した3両で運用につく
3000系の急行↓

大和路ポストマン様
 気ままに、気まぐれ鉄道フォト
 写真を転載しています。


京都~丹波橋までは駅間距離が
そんなに長くはないので、スピードは
あまり出してくれませんでしたが、
チョッパ音やモーター音を
楽しむことが出来ましたっ!
(頭、おかしいね・・・)


よそ様のものとなりますが、
ご参考までに、興味があれば
是非、走行音もお楽しみください↓
 近畿日本鉄道(近鉄)3000系
 ※気ままに鉄道走行音様
  動画です。


関東の鉄道だと、これに近しい音は
今年度で廃車になってしまう
都営新宿線の10系だと思います。

くうぅ、どの速度域をとっても
ものすごく好みの「音」ですっ!
(頭おかしいんで放置してください)


最後に3000系の台車です↓

ピロ様ピロのブログより
 写真を転載しています。

近車のKD-84台車です。
いつも思いますが、近畿車輛の
ウイングバネ台車は非常に
乗り心地がよいですっ!


はあぁ、この形式を含めて
廃車になってしまうのは
実に「もったいない」です。

私が鉄道好きでいられるのも
もはや「時間の問題」かな。。。


ここのところ、「軍報」以外での
更新で申し訳ありません m(_ _)m

明日は月初めとなりますので
恒例の「ホームページ」関係での
ブログ更新とさせてくださいませ。


それでは、またお会いしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

コメント

[title]:

近鉄の車輌はバラエティに富んでいていいですね。
急行灯の点け方も律儀ですし。
でもこの車輌が1編成しかなかったとは知りませんでした。
試験的意味合いがあったんでしょうね。
地下鉄開業が遅くなったとありますが、その間に
色々な意味で陳腐化してしまったんでしょうか。
近鉄に最後に乗車したのは2年前ですかね。
京都の次の駅なのにホームに喫煙所があったのが
印象深いです。
  1. 2018/02/02(金) 22:21:45
  2. URL
  3. slycrow96 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:slycrow96様

書き込みありがとうございますっ!

近鉄電車は確かに多形式ですね(笑)
覚えられないです(汗)

急行灯は近鉄に限らず、関西の私鉄では
点き方で種別が一目で判るように
(右1灯が急行・左1灯が準急など・・・)
きちんとしており、関東とは大違いです(笑)

この編成が1編成にとどまったのは
おそらく費用対効果なのでしょうね。
電機子チョッパって、地下鉄のような
駅間短く低速走行時にメリットがあり
その分、初期投資が高価と聞いてます。
自線(近鉄)の線形に当てはめた場合、
この部分がクリアにならなかったのかも
しれません・・・あとは回生の技術不足とか。

西日本の駅って、接続駅を除くと
未だにホーム内に喫煙室や
灰皿なんかがありますよねっ!
私達にとってはありがたい話ですが
うちの相方みたいな嫌煙家には
たまらないでしょうな(笑)

  1. 2018/02/02(金) 23:09:14
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿