戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

2018 02 20:22:52

【阪奈軍團】(106)陸軍第十六師団野砲兵第二十二連隊

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昨日、歓迎会があったため
帰りが遅かったというのもありますが
花粉症で目が腫れあがっちゃって
帰宅後にブログを更新する気になれず
ドタキャンしちゃいました・・・
申し訳ありません m(_ _)m

久々に重症でしたが、今は目が少し
充血しているくらいにまで回復です。


さてさて・・・
本日は阪奈軍團「軍報」の
第106弾といたしまして
京都府京都市におかれていた
野砲兵第二十二連隊の遺構を
少しご紹介させてくださいませ↓




野砲兵第二十二連隊は、
第十六師団に隷属する部隊として
1905年(明治38)に熊本県の
熊本市で編成され、日露戦争を
皮切りに満州へ出征し、帰還後は
京都に新設された兵営に
駐屯しました。

昭和に入ると中国との関係が悪化し
日中戦争に突入すると出征して
各戦闘に参加しましたが、
太平洋戦争に入るとフィリピン方面の
作戦に従事し、激戦の中で
終戦となりました。

現在、跡地は青少年科学センターや
藤ノ森合同宿舎・市立藤森中学校などに
変遷し建物などは消失していますが
南限部分に軍用地境界標や
塀の支柱部分が残っています。



京都の深草西飯食町に
お邪魔をしております↓



藤ノ森合同宿舎の南に展開する
住宅地内に入っていきます↓



軍用地境界塀の支柱が
いくつか残っています↓




師団街道と大岩街道との
交差点付近にも軍用地境界標が
1つだけ残っていました↓



【収録遺構】
 陸軍第十六師団
 野砲兵第二十二連隊

   軍用地境界標 1本
   その他 2箇所

【探訪情報】
 2007.12.09  第1回探訪

 歩数(指数) 約2,500歩(100)


それでは、またお会いいたしましょう★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつ、お願い申し上げますっ★