FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

2018 08 11:33:06

【祐実軍團】(164)横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊諸磯基地

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


三等兵は、残念ながら風邪をひき
喉がやられてしまって声が出ず、
大好きな会社に行けないのが
誠に残念ですが休みました(笑)


そういったこともございまして
本日はこの時間からの
ブログ更新でございます m(_ _)m

今回は祐実軍團「軍報」の
第164弾といたしまして
神奈川県三浦市におかれた
横須賀海軍鎮守府第一特攻戦隊の
諸磯基地をご紹介させてください↓




第一特攻戦隊は、太平洋戦争での
日本軍の戦局が圧倒的に劣勢と
なったことに伴って、本土決戦に備え
編成された特別攻撃部隊で、
1945年(昭和20)に司令部が
油壷におかれました。

諸磯基地には、第一特攻戦隊の
隷下部隊であった第十一突撃隊が
展開し、海龍の格納庫と
付属施設などがおかれて
いたようです。

現在は水産加工会社や造船所などに
変遷しており、一部の壕や
トンネルが活用されています。



いっちゃん先生とマンツーで
油壷湾から南下するようにして
諸磯に進みます↓



基地間を連絡するために
掘削されたトンネルを抜けます↓



トンネルを抜けた先を
西に進んでいくと、
もう1つ基地間連絡トンネルが
残っています↓



このトンネルは、内部で
連絡道が1つ設けられており
並行するもう1つのトンネルと
繋がっています↓



並行するもう1つのトンネルです↓



トンネルを抜けた先には
関連するコンクリート製の
遺構が残っていました↓



トンネルを抜けてさらに進むと
造船所の敷地になりますが、
入れなさそうな気配だったので
東に転進します。


道路を東に進んでいくと
海龍のものといわれている
壕が残っています↓



早速、水産加工会社の方に
声をかけさせていただきまして
内部を見学します↓



この区画には2つの壕が
並んでいますが、連絡しておらず
いずれも単独壕のようです↓



水産加工会社の方々に
お礼を申し上げて次の案件に
進んでいきます↓



帰り際、水産加工会社の方に
アメリカ軍が接収した時の
写真のコピーをいただきましたが
当時は海方向へ揚げ降ろし用の
レールが引かれていたようです。


【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 第一特攻戦隊
 諸磯基地

  地下壕 1区画
  トンネル 2箇所
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2006.01.09  第1回探訪 

 歩数(指数) 未計測(100)


それでは、またお会いしましょうっ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪

コメント

[title]:ご苦労様ですね~♪

特攻戦隊って陸軍自爆部隊みたいですねー。見事に彫りたてられていますが労働に従事した人たちは半島人なのか軍隊なのか徴用された日本人なのかが気になりました。信州の陛下をかくまう塹壕は半島人が携わり多くの犠牲者がでたと言います。大本営は真剣に一億決戦を覚悟していたようですねー。よく貴重な探索行動には感服いたしています。どうか戦中の謎を解明されてくださることを期待しています。ご苦労様です。☆!
  1. 2018/03/08(木) 17:15:00
  2. URL
  3. 荒野鷹虎 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:荒野鷹虎様

コメントありがとうございます m(_ _)m

私は戦史や部隊史などを
よく把握しないまま軍跡を探訪する
いわば「形から入る素人」ですので
しっかりと断言することは出来ませんが
これらの兵器は、結果として自爆に繋がる
要素は孕んでいたと考えます。

また、このあたりの壕群は
造りや構造もしっかりとしているので
完全に軍による構築であるものと
思われます。

素人の視点ながらも、全国に残る
戦跡・軍跡を1つ1つ巡っていきたいと
思っておりますので、今後とも応援を
よろしくお願い申し上げます★

  1. 2018/03/08(木) 17:53:35
  2. URL
  3. 祐実総軍三等兵 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿