FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

2018 19 18:54:27

【祐実軍團】(170)横須賀海軍警備隊第四高角砲大隊武山防空砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今回は告知からのスタートです↓


毎年の「恒例行事」となっている
霞ヶ浦空の中央格納庫地区での
「お花見」を、来たる4月1日(日)に
開催予定でおります。

もし、ご都合がよろしければ
ご一緒しませんか?

集合場所・会費などの詳細は
追ってご連絡いたしますが、
中央格納庫地区を引き継いでいる
井関農機茨城センターさんへ
立入・見学申請を提出するため、
参加をご希望される方は
3月23日(金)までに、コメント・
メール等でお知らせくださいませ。

現時点で、いっちゃん先生
おピンちゃん先生・ヘボ三等兵の
3名が参加予定です。

戦跡・軍跡等の情報につきまして
お酒を飲みながら色々と楽しく
交換出来るような場になれば
幸いでございます m(_ _)m


ご参考までに、去年の開催風景を
載せておきます↓



中央格納庫地区の遺構群も
もれなく見学することが出来ます↓



管制司令棟・格納庫・修理工場・
付属建物など10棟が残っており
見ごたえも十分にありますので
是非、ご参加くださいませっ★


以上、お花見の告知でした m(_ _)m



さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第170弾といたしまして、
神奈川県横須賀市に配備された
武山防空砲台の遺構群を
ご紹介させてくださいませ↓




武山防空砲台は、横須賀軍港周辺の
防衛を目的に、横須賀海軍警備隊が
守備する防空砲台として、
太平洋戦争の開戦までには
設置が完了していたようです。

設置当初は 8センチ高角砲が
3門据え付けられましたが、
のちに12.7センチ連装高角砲 2門へ
換装されたほか、25ミリ単装機銃や
高角測距儀・探照灯なども設置され
終戦まで存続しました。

現在、跡地は海上保安庁の
武山中継所となっていますが、
当時の遺構が残っています。



今回は、空母先生と一緒に
まわった時の写真をベースにして
ご紹介していきます↓



衛兵所の跡といわれる遺構が
残っています↓



砲台がおかれた山頂を
まわりこむようにして
当時の軍道を上がっていくと
計算所の遺構が残ります↓


これらは計算装置の土台と
いわれており、ここに木造の
2階建ての建物があったそうです。


さらに軍道を上っていくと
12.7センチ連装高角砲の
砲座がきれいに残っています↓



さらに進んでいくと、
草木に埋もれてしまっている
状態の悪い砲座が残ります↓


ううう・・・
何を撮っているかわかりません(涙)


北側の藪に入っていくと
円形の機銃座が残っています↓



その脇に水槽のような構造物が
残っていました↓



軍道の北西側には弾薬庫跡の
基礎部分が残っています↓



その横には、お決まりともいえる
防火水槽が残っています↓



軍道を下って、南東方向の藪に
入っていきます↓



衛兵所跡が残ります↓



これも関連する遺構であると
思われます↓



さらに藪を進んでいくと
探照灯の台座が残ります↓



通信所跡の基礎部分も残ります↓



通信所跡の背面付近に
もう1つの機銃座が残っています↓



通信所跡から1段下った南側には
兵舎跡の基礎部分が残っています↓



砲台付近から三浦市内を
きれいに見ることが出来ますよ↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 第四高角砲大隊
 武山防空砲台

  砲座 4箇所
  建物基礎 6箇所
  その他 4箇所

【探訪情報】
 2006.08.13  第1回探訪 
 2014.08.13  第2回探訪 
 2018.02.24  第3回探訪 

 歩数(指数) 未計測(166)


のちほど、我々のホームページにも
掲載を予定していますっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪