FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

2018 22 20:48:26

【和泉軍團】(79)横須賀海軍鎮守府第七特攻戦隊鵜原基地

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


いや~、久々に不本意ながら
仕事が忙しかったもので・・・

忙しいといっても、当方は基本的に
定時間内でしか働かないので
仕事が大好きな人達は「まだまだ」と
言うかもしれませんが、そんなことは
知ったことじゃぁございやせん(笑)


さてさて、本日も和泉軍團「軍報」の
第79弾といたしまして、
千葉県勝浦市におかれていた
海軍第七特攻戦隊の鵜原基地の
遺構群を簡単にご紹介します↓




第七特攻戦隊は、太平洋戦争の
戦局が圧倒的に劣勢となったことに伴い
本土決戦に備えて編成された
特別攻撃部隊で、1945年(昭和20)の
初頭に入り、勝浦市に司令部が
おかれました。

ここには、第七特攻戦隊の
傘下におかれていた
第五十五震洋隊をはじめとする
突撃部隊が戦闘配備について、
鵜原地区の入江部分に横穴式の
特攻艇格納庫をはじめ、複数の
地下施設が設置されていました。

現在、これらは草木などに埋もれて
内部見学は難しくなっていますが
見学が可能です。



勝浦市内にお邪魔しております↓



鵜原館の西に位置する山に、
コンクリートが捲かれた
地下壕が2つ残っています↓



このうちの1つは、
内部がY字に分岐しており
一方が山の反対側まで
貫通しています↓



付近には海龍の格納壕と推測する
高さがある壕も残っていました↓



市道をはさんだ向かい側には
震洋の格納壕と推測する
幅広の壕がいくつか残ります↓




南側に位置する漁港には
陸地に格納した舟艇や魚雷類を
着水させるための滑走台といわれる
コンクリート製の遺構が残ります↓



【収録遺構】
 横須賀海軍鎮守府
 第七特攻戦隊
 鵜原基地

  地下壕 4区画
  その他 1箇所

【探訪情報】
 1996.XX     第1回探訪
 2014.01.04   第2回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪