戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

2018 15 18:02:51

【雑記】(173)大阪府・奈良県の軍跡探訪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


残念ながら、本日は日曜日なので
夕方以降は恒例のサザエさん病に
かかってしまう予定です(笑)


さてさて、今回は西日本地方の
軍跡探訪においてご高名な
盡忠報國先生と一緒に
大阪府内と奈良県内の探訪に
出掛けてまいりましたので
「雑記」形式でダイジェストを
お送りさせていただきます。



大阪市内の大本営(ホテル)から
祐実総軍の1兵卒が出陣します↓



今回、初めてお会いさせていただく
盡忠報國先生とJR駅で合流します。

盡忠報國先生は、知る人ぞ知る
西日本地区での軍跡探訪において
筆頭に値する大日本者神國也
「主」でございますっ!

いわば「大元帥」レベルのお方に、
このような薄汚い1兵卒が
お目通りをするのですから、
心臓バクバクものでしたが
気さくに振る舞っていただき
緊張が一気に解けました★

同年代ですので、無礼を承知で
書きますが、私が仕事で大阪に
赴任していた頃に親しくしていた
同僚の雰囲気に似ていたので
ものすごく親近感がありました♪

車中で大阪赴任時代を思い出し
感無量でしたっ!


昔の思い出にふけりながら
まずは大正区に移動します↓



海軍艦政本部大阪倉庫の
遺構群を見ていきます(抜粋)↓



正直、海軍遺構が大阪市内に
残っているとは知りませんでした(驚)
す、すごい・・・


続いて住之江区に移動していきます↓



私は高い場所で狭窄している箇所が
苦手なのですが、時間を割いて
ご案内いただいている盡忠報國先生の
ご期待に添うべく、全力をもって
追従させていただきます(笑)↓



海軍艦艇の製造に携わった
藤永田造船所の遺構群です(抜粋)↓



当然のことながら、これらも
当方は知りませんでした・・・(驚)


東に約10キロほど移動し、
藤井寺市に入ります↓



大正陸軍飛行場の
藤井寺官舎の建物群を
見学します↓




続いて、石川の対岸にあたる
柏原の陸軍官舎の建物群を
見学しますが、後になって
過去に見学していたことが
発覚しました・・・

先生、申し訳ないです m(_ _)m


続いて、玉手山公園に移動します↓



大阪陸軍航空廠の玉手山洞窟の
入口をご案内いただきましたっ↓



唯一、坑道が残存している部分の
内部の様子です↓




玉手山洞窟の存在は、前から
判っていたのですが、公園整備のため
滅失と書かれた資料を信じてしまい
探訪せずにいたのですが、
このザマです(涙)

そういった文言に左右されず、
地道に自身の目で確認しに行く
先生の行動力に脱帽です m(_ _)m


さらに東へ進んでいき、
奈良県に入りました↓



現在は京大の地震観測所に
活用されている陸軍航空総軍の
地下壕を簡単に見学します↓




ここも、西側の地下壕とは違い
地震観測所の入口以外は
全て見ることが出来ないと
聞かされていましたが、
このザマでございますっ(汗)

その時に、他の入口を探そうとも
しなかった私の器が知れます(笑)


予定よりも早く行程を消化したので
盡忠報國先生にワガママを言って
さらに大阪から離れるようにして
天理市内の山中へ向かいます↓



百戦錬磨の盡忠報國先生の後を
我が家の大元帥閣下との
買い物同様に、金魚のフンみたいに
追従させていただきます↓



奈良行宮地下壕の内部です↓




当方の機動力が悪く、
ここで片足を水没させましたが
もはや、そんなことを問題に
している場合ではございません(笑)

もう2度と訪れる機会はないと
思っておりますので・・・(笑)


日没までにまだ時間があるので
日頃の私生活の鬱憤を晴らすように
駄々をこねて、第五八一海軍設営隊の
建物群をご案内いただきました↓





ここにきて雨が降り始めましたが
駄々をこねまくって、さらに
大和海軍航空基地の通信隊の
遺構をご案内いただきました↓




大和海軍航空基地の遺構群は
10年くらい前に、ある程度は
見学していますが、不十分なので
盡忠報國先生がご紹介している
記事をベースに未探訪分を
備忘として挙げさせていただきます。

 K 給配水施設
 L 航空隊本部部員 退避壕(内部)
 V 水槽
 W 水槽
 X 水槽
 

雨がひどくなってきたので
大阪へ戻ります↓



帰りの車中でも盡忠報國先生と
軍跡の情報や双方の内情などで
会話が弾み、今回が初対面とは
思えませんでした(笑)

関東人からすると西日本方面は
おいそれと気軽に行けるような
場所ではないのですが、
今後も積極的に探訪していきたいと
思っていますっ★


盡忠報國先生っ!
本当にお世話になりました m(_ _)m

新規開拓の際は馳せ参じますので
是非ともお声がけいただければ
幸いでございますっ!


明日は、通常通り「軍報」での
ブログ更新を予定しております。


それでは、また明日っ★



↑よろしければ、こちらの「応援」も
 ひとつよろしくお願いします♪