戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

2015 07 22:25:00

【祐実軍團】(25)横須賀海軍工廠通信実験部初声実験所

皆様、月曜日をいかがお過ごしでしょうか。
週初めは、色々と落ち込みますね~


さてさて、月曜日も残り少ない時間ですので
今回は祐実軍團「軍報」の第25弾として
神奈川県三浦市におかれていた
横須賀海軍工廠の通信実験部の
初声実験所の遺構をご紹介して
締めくくりたいと思いますっ。


初声実験所は、横須賀海軍工廠の
内部部門である通信実験部の
受信実験所として1940年(昭和15)に
設置されました。

ここでは、受信実験の他に方位測定機の
実験なども行われており、
1945年(昭和20)の組織改定により
通信実験部が横須賀海軍航空技術廠
支廠と統合し横須賀第二海軍技術廠として
独立しますが、その後も引き続き
無線通信実験所として終戦まで機能しました。


現在は、戦前からの無線施設を引き継ぐ形で
関東総合通信局の電波センターが
使用しており、当時の建物は
消失しているようですが、敷地の境界部分に
軍用地境界標や塀の支柱などが
いくつか残っています。


重鎮中の重鎮であるOKN先生に無理を言って
車で関東総合通信局に連れてもらいました↓


三等兵にとってはかけがえのない
菊水先生とOKN先生と共に
今回も探訪していきますっ★


敷地内に残っている当時の遺構と思われます↓



敷地北側境界付近に残る
軍用地境界標です↓



敷地西側の柵にも当時の境界柵の
支柱が混ざって残っています↓



敷地東側にも軍用地境界標が
1つ残っています↓



【収録遺構】
 横須賀海軍工廠通信実験部
 初声実験所
 (横須賀第二海軍技術廠
  初声実験所)

  軍用地境界標 2本
  軍用地境界塀 1区画
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2014.06.08  第1回探訪

 歩数(指数) 約500歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、本日はこのへんで
失礼させていただきます m(_ _)m
←応援してくださいっ♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる