FC2ブログ

戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪し
記録することを趣味とする
祐実総軍三等兵ですっ★

稚拙な内容ではございますが
これまでに関係者の皆様方と
見てきた戦争遺跡を中心に、
ブログ・ホームページなどで
順次ご紹介をしていきます♪

よろしくお願いしますっ★

♦ カウンター

♦ 最新記事

♦ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

2018 04 22:09:06

【和泉軍團】(94)陸軍東京湾要塞大房砲塔砲台

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


今日は台風に翻弄された1日でした。
関東地方も夕方から急に
風が強くなり、交通機関も
止まりはじめているようですね。


私はギリギリのところで
家に帰ることが出来ました・・・


こうなると判っているのに
社員の安全を最優先にせず
社内に拘束するクソったれ会社も
多いようで・・・(笑)

一部の社蓄は、明日の仕事を
円滑に進めるために
今日は職場の近くに泊まって
飲みに行こうだなんて言っている
始末でしてね・・・


勝手にやってくれたまえ(怒)
でも、他の人を巻き込むのは
迷惑なんで、やめて欲しいですがね。


さてさて、本日は和泉軍團「軍報」の
第94弾といたしまして
千葉県南房総市におかれていた
陸軍東京湾要塞大房砲塔砲台の
遺構群をご紹介させてくださいませ↓




大房砲塔砲台は東京湾要塞の1つとして
1932年(昭和 7)に竣工しました。

ここには、巡洋戦艦「鞍馬」の
45口径20センチ2門入の
カノン砲塔が2基据えつけられて
戦闘配備につきました。

また、砲塔砲台の南西に観測所を設けて
八八式電気式海岸射撃具が設置され
砲塔砲台と共に終戦まで存続しました。

現在、跡地は県立大房岬自然公園と
なっており、砲座の一部や弾薬庫などが
残存し、簡単に見学することが出来ます。



関係者の皆様方とともに
県立大房岬自然公園にお邪魔中です↓



まずは第1展望台付近を目指して
進んでいくと・・・↓



1つ目の砲座跡が残ります↓



付近に案内板が立てられていますが
少し前は、もう少し砲座っぽい形状を
していたようですね↓



砲座の背面には、弾薬庫に続く
トンネルが残っています↓



トンネル内で2つの弾薬庫に
接続しています↓



弾薬庫の内部です↓



少し離れたところに
2つ目の砲座跡が残りますが
現在は痕跡が判りづらいです↓



2005年時点では、はっきりと
判っていたのですが・・・↓



こちらも、砲座の背面部分に
弾薬庫に続くトンネルが
残っています↓



弾薬庫の内部です↓



2つの砲座の南西に観測所が
設けられていましたが、戦後に
爆破されたため、現在は
基礎部分の残骸が残ります↓



少し離れた場所に付属施設と
考えられる遺構が残ります↓



ビジターセンターの南東付近にも
兵器庫が残っていますが、
残念ながら深く水没しており
内部は見学出来ません・・・↓




公園駐車場の南東には
兵舎がおかれていたようで、
現在は区画のための石垣が
わずかに残っています↓



付近に水槽とおぼしき
構造物も残っています↓



大房岬自然公園と周辺には、
この他に最大の見どころといえる
電灯所や、東京湾兵団の陣地・
海軍が構築した魚雷射堡の
遺構群が多く残っていますが
これらは別案件として
掲載させていただく予定です。


【収録遺構】
 陸軍東京湾要塞
 大房砲塔砲台

  砲座 2箇所
  地下施設 3箇所
  観測所 1箇所
  その他 3箇所

【探訪情報】
 2005.01.22   第1回探訪
 2007.05.04   第2回探訪
 2007.05.20   第3回探訪
 2018.08.24   第4回探訪
 2018.08.25   第5回探訪

 歩数(指数) 5,000歩以上(410)


後ほど、我々のホームページ内でも
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ♪



↑応援よろしくお願いします♪