戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

皆様、日曜日をいかがお過ごしでしょうか。

三等兵は、今週に予定している
遠征の準備を進めているところです。


さて、本日も前回に引き続きとなりますが
真己軍團「軍報」の第21弾といたしまして
広島県福山市におかれていた
福山陸軍埋葬地の遺構を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




福山陸軍埋葬地は、福山市内に
展開した部隊の戦没者や戦病没者の
墓地として、1908年(明治41)に
造成が開始され、敷地は終戦まで
存続しました。

現在は民間の墓地となっていますが、
もともと陸軍の墓地として
使用されなかった話もあり、
詳細は判っていません・・・

経緯は不明ですが、敷地外周に
軍用地境界標や墓標群の基礎と
思われる遺構が残っているため
墓地建設のための用地取得や
造成は行われたと考えられます。



前回に引き続き、福山市内に
お邪魔をしております↓



アジサイを見ながら
山を上っていきます↓
DSC_0036.jpg


墓標の基礎部分と思われる
遺構が2つ残ります↓




軍用地境界標が周辺に残ります↓





入口部分に案内板も
設けられていました↓



日頃からお世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也によると
このほかにコンクリート製の
軍用地境界標も残っているようです。

三等兵も現認したく藪に突入しましたが・・・

 木の根につまずき滑落しそうになる(士気-10)
 大量のヤブ蚊の襲来(士気-15)
 ふと見た青葉の裏側に大量の毛虫(士気-70) 

残念ながら潰走しました~(涙)
やはり、夏場の探訪は厳しいですね・・・


【収録遺構】
 福山陸軍埋葬地
 (福山陸軍墓地)

  軍用地境界標 3本
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2017.07.10  第1回探訪

 歩数(指数) 1,820歩(76)


後ほど、我々のホームページでも
ご紹介させていただきますっ★


明日はホームページ関係で
ブログを更新させていただきます。


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、土曜日をいかがお過ごしでしょうか。


三等兵は、短パン・サンダル・サングラスで
ザギンに出かけてまいりました(笑)


銀座に全く似合わない格好だったので
相方には「大不評」でしたが・・・(笑)

だって、暑いんだもん・・・(大汗)


さて・・・
本日は、昨日に引き続きまして
真己軍團「軍報」の第20弾として
広島県福山市におかれていた
福山陸軍病院の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




福山衛戍病院は、
第十七師団に所属が
変更された歩兵第四十一連隊が
福山市内に移駐したことで
1907年(明治40)に開院し、
太平洋戦争の終戦まで
機能が存続していました。

終戦後、病院は現在の厚生労働省に
移管されて国立病院となりましたが、
現在は移転しておりJA福山市が
敷地を引き継いでいます。

残念ながら、当時の建物群は
消失していますが、石垣や
福山医療センター内に移設された
門柱がわずかに残っています。



引き続き、福山市内にお邪魔中です↓



JA福山市の敷地外周部分に
石垣が2区画残っています↓




敷地内には記念碑が
おかれていました↓



本当は、この撮影をもって
別案件の探訪に移ろうとしてましたが
日頃からお世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也によると
当時の門柱が福山医療センターに
移設されているとのことで
ここから歩いて向かいますっ!


おおっ、ありました↓



【収録遺構】
 福山陸軍衛戍病院
 (福山陸軍病院)

  門柱 1箇所
  その他 2区画

【探訪情報】
 2017.07.10  第1回探訪

 歩数(指数) 3,329歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


それでは、また明日っ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今週も、ご精勤・ご講義
誠にお疲れ様でございました。


三等兵も、従前の仕事と何ら変わらず
ほぼ毎日朝の9時から、PCに座って
我々のホームページの制作作業に
従事していますが、細かい部分を
修正してばかりで、ここ数日は
成果が表に出ずイライラが・・・(笑)


さてさて、本日は真己軍團「軍報」の
第19弾といたしまして
広島県福山市におかれていた
歩兵第四十一連隊の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




歩兵第四十一連隊は、岡山市におかれた
第十七師団の隷属部隊で、
広島市におかれた第五師団からの
隷属先変更で1908年(明治41)に
福山市内に新設された兵営へ
移駐しました。

その後、1925年(大正14)の軍縮で
第十七師団の廃止にともなって
再び隷属先を第五師団とし、
昭和に入ると満州へ出征して
日中戦争の主要な作戦に参加しつつ
インドシナに進駐しますが、
太平洋戦争の開戦によって
南太平洋へ進駐して各戦域で
奮闘しましたが、ポートモレスビーの
戦闘で損害を受け、第三十師団に
編入されたのちレイテ島の戦いで
玉砕を迎えてしまいました。

現在、敷地跡は緑町公園や商業施設に
変遷して整備されていますが
遺構がわずかに残ります。



今回の探訪は、おピンちゃん先生
留守部隊から無断で脱走し追従した
ウィー太郎君が同行します(笑)↓



東京から新幹線で約3時間半の
行程を経て福山に到着です↓



福山市は「バラのまち」として
有名なんだそうです↓


実は、おピンちゃん先生を
誘う口実にもしました~ ククク


しばし、お花の見学会をしたあとは・・・↓



兵営跡地を見学していきます↓



緑町公園内に移設された
将校集会所の門柱が残ります↓



緑町公園の南に位置する
Tientエブリイの入口にも
門柱が保存されています↓


日頃からお世話になっている
盡忠報國先生大日本者神國也によると
この門柱はJA福山の敷地内に
保存されていたものだそうです。


案内板も設置されていました↓



【収録遺構】
 陸軍第十七師団
 歩兵第四十一連隊
 (陸軍第五師団
  歩兵第四十一連隊)

  門柱 2箇所

【探訪情報】
 2017.07.10  第1回探訪

 歩数(指数) 2,757歩(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


それでは、よい週末をっ!



↑もしよろしければ応援してくださいっ♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ここのところ、都内周辺では
「ゲリラ豪雨」で散々困らせたくせに、
本拠の埼玉では「水不足」なのだとか。
困ったもんです。


さてさて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第86弾といたしまして、
滋賀県高島市におかれていた
饗庭野演習場の遺構を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




饗庭野演習場は、第四師団の
兵科演習場として1889年(明治22)に
設置されました。

演習場は、現在の高島市を
南北に分けられるほどの広大な
敷地面積をもち、大阪方面から
演習に来る兵のための廠舎が
敷地の東に設置され演習期間中の
仮兵舎に使われました。

その後、1910年(明治43)に
京都の第十六師団に隷属する部隊の
演習場となり、主に砲兵部隊の
演習に使用されました。

現在、跡地は陸上自衛隊の
饗庭野演習場や天神住宅などに
変遷しており、踏査が不完全ですが
当時の遺構が残存しています。



高島市のメイン駅となる
近江今津駅に到着しました↓
DSC_0200.jpg

この駅から敦賀方面は、
電車の本数が1時間に1本と
なってしまうので、次の電車までに
間に合わせるべく、急いでいきます。
強行軍ですので、同行してくれた
おピンちゃん先生には駅前の
喫茶店で涼んでいてもらいます(笑)


今回も、いつものことながら
関西遠征時の教科書としている
盡忠報國先生大日本者神國也
参考にさせていただきましたが
時間があまりないので、
今津廠舎周辺を見るだけに
とどめております・・・(汗)


猛暑の中、1.2キロの距離を走って
5分で現場周辺に到着です(笑)↓


汗がすごくて、バケツの水を
かぶった後のような姿に変身しました。
これじゃぁ、不審者丸出しです(笑)


当時の廠舎とおぼしき建物が
2棟残っています↓


残念ながら、このほかの
医務室や木造建物は、
壊されてしまったようです(無念っ)


ここから、ゆっくりと今津廠舎の
外周を歩いて、駅に戻ります↓



3本だけですが、軍用地境界標を
見つけることが出来ました↓





1周した後は、再び走って
駅まで戻ります(汗)↓



次の電車の出発まで
残り20分を確保しつつ、
おピンちゃん先生が待つ
喫茶店で一息つきます(汗)↓


いや~、暑かったなあ・・・
時間に追われて、久々に
走っちゃいましたよ(大汗)


【収録遺構】
 陸軍第四師団
 饗庭野演習場
 (陸軍第十六師団
  饗庭野演習場)

   建物 2棟
   軍用地境界標 3本

【探訪情報】
 2017.07.12 第1回探訪
 
 歩数(指数) 約2,500歩(76)


後ほど、ホームページでも
ご紹介させていただきますねっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
日々のご精勤・ご講義、
誠にお疲れ様でございます。


昨日、NHKで広島県呉市の
自衛隊敷地内に残る地下壕が
取り上げられていましたねっ!
7月29日(土)に一般公開されるとか。


ううぅ、行きたい・・・
行きたいけど、軍事予算が
捻出出来ない・・・(涙)


ちなみに・・・
三等兵の直近探訪予定ですが、
こんな感じになっております↓

 7月25日(火) 横須賀
 7月27日(木) 浜松
 7月28日(金) 名古屋・春日井・小牧
 8月7日(月) 豊川
 8月8日(火) 岐阜
 8月9日(水) 鬼怒川(旅行です)

このほか、8月最初の週に
潮来・銚子か南房総・館山を
まわろうかと思っております。
また、8月後半に沼津も行こうと
思っているところですが、
はたしてどこまでやれるか・・・


さてさて、本日は祐実軍團「軍報」の
第118弾といたしまして、
東京都世田谷区におかれていた
駒沢演習場の遺構を
簡単にご紹介させてくださいませ↓




駒沢演習場は、池尻・下馬地区に
転営してきた第一師団隷属部隊の
兵科演習場として1897年(明治30)に
設置され、場内に砲撃演習に使った
長大な塹壕などが構築されていました。

60,000坪にも及んだ広大な演習場跡地は
区立小・中学校や世田谷公園・防衛省の
関連施設に変遷していますが、
演習場の北にあたる、池尻2丁目に
遺構が少し残っています。



今回はいっちゃん先生と一緒に
池尻大橋にお邪魔しています↓



少し歩くと、当時の排水路が
暗渠になって現存しています↓



排水路の内部です↓



軍用地境界標も残っています↓



これもそうでしょうね↓



【収録遺構】
 陸軍第一師団
 駒沢演習場

  軍用地境界標 2本
  その他 1箇所

【探訪情報】
 2005.07.24   第1回探訪
 2007.03.18   第2回探訪
 2007.03.24   第3回探訪

 歩数(指数) 約2,000歩(94)


話が変わってしまいますが、
よこすか海軍カレーの元祖である
魚藍亭のよこすか海軍カレー館
建物の老朽化のために
8月いっぱいで閉店するようです・・・
7月25日に横須賀へ行く予定なので
是非とも行きたいと思います。

横須賀は、三等兵がこのジャンルで
ここまで来れた、いわば想い入れのある
「聖地」でもあるので、この地が
衰退することがないように
地域に貢献させていただきたいです。
何とか1自治体の中で、所謂「戦跡」の
残存遺構数というところで横須賀市は
「日本一」であることを証明したいですね。
探訪した結果、横須賀市がそうではないかも
しれませんが、三等兵は信じてます(笑)
我々のホームページでは、
まだ3分の1ちょっとしか掲載出来てませんが
頑張って更新していきますよっ★


それでは、またお会いいたしましょうっ!



↑もしよろしければ
 応援してやってくださいっ♪
 (のちほど、お返しポチも
 させていただきますね~)

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる