戦争遺跡のご紹介やホームページの制作状況などを綴っていきます♪

総軍BLOGへようこそっ!

♦ プロフィール

祐実総軍三等兵

Author:祐実総軍三等兵
全国に残る戦争遺跡を探訪して
記録することを生き甲斐とする
祐実総軍三等兵でございます★
稚拙な内容ではございますが、
これまで調べてきた戦争遺跡を
ブログ・ホームページで紹介を
させていただいておりますっ♪

よろしくお願いしますm(__)m

♦ 最新記事

♦ カウンター

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


いや~、寒いっ!
明日も、関東地方はこんな天気が
続くのでしょうかね・・・


さて・・・
本日は祐実軍團「軍報」の
第126弾として、ほぼ「消失」した
陸軍航空部補給部所沢支部の
遺構群をご紹介します↓




陸軍航空部は、航空に関連する
器材の調達・保管・補給・検査などを
行う部署で、所沢市内で飛行大隊が
編成されたことにより、1919年(大正8) に
内部機関である補給部の支部が
所沢飛行場内に設置されました。

その後、航空部隊の拡充に伴い、
所沢飛行場の敷地内だけでは手狭となり、
1923年(大正12)に飛行場から少し離れた
所沢駅の西側へ補給部の一部が
移されました。

昭和に入ると、さらなる航空兵力の
拡充で、航空兵科が創設されたことに
伴って、飛行大隊は飛行連隊に
昇格して各務原飛行場へ移転し、
のちの組織改編によって、一時は
立川航空支廠の分廠に施設が
使用されますが、1938年(昭和13)に
現在の入間市に航空士官学校が
開設されると、器材の調達・補給を行う
材料部となりました。また、敷地内に
航空参考館が設置され、日本の
航空機設計に影響をもたらした
世界の軍用機を数多く展示しました。

少し前までは、西武鉄道の
所沢車両工場となっていましたが
現在は移転してしまい
所沢市による開発が行われ
更地になってしまい、
当時の遺構がことごとく
消失してしまいました(怒)



まったくよー、くだらない開発なんか
しやがって・・・(怒)

ホームページも修正だよ・・・
余計な作業まで増やしやがって(怒)


当時の建物が残ってたんですよ・・・↓




当時の塀です↓


googleのストリートビューで見ると
わずかな区間だけ残っていそうです。


軍用地境界標もあったのですが・・・↓



これは現存しているっぽいです↓



これも当時の遺構だと思うのですが
現在は跡形もなさそうです・・・↓



【収録遺構】
 陸軍航空部補給部
 所沢支部

   軍用地境界標 1本
   軍用地境界塀 1区画

   建物 2棟(消失)
   軍用地境界標 1本(消失)
   その他 1箇所(消失)

【探訪情報】
 2012.07.28  第1回探訪
 2012.09.15  第2回探訪
 2012.09.29  第3回探訪

歩数(指数) 未計測(116)


我々のホームページ上では
全て「現存遺構」として
掲載していますが、
後日、上記のように変更します(涙)


それでは、またっ!



↑もしよろしければ
 ポチっとやってください~

皆様、こんばんわ m(_ _)m


明日の関東地方は悪天候とともに
大幅に気温が下がるそうで・・・
私は寒がり野郎なので、
明日からの服装に困ります(涙)
でも、おなかだけはポンポコなので
冷えて腹を壊すことはなさそう(笑)


さて、本日は真己軍團「軍報」の
第28弾といたしまして、
引き続き、岡山県岡山市に
おかれていた岡山偕行社の
ご紹介をさせていただきますね↓




岡山偕行社は、将校の研修や
親睦を目的として、第十七師団の
新設にともなって1909年(明治42)に
開設され、太平洋戦争の終戦まで
存続しました。

終戦後、施設はアメリカ軍に接収され
将校のクラブに使用されましたが、
現在は返還されて跡地に
ジップアリーナ岡山が建てられており
当時の本館や門柱が移設され
保存されています。



毎度おなじみ、おピンちゃん先生
岡山にお邪魔しております↓


地方都市を「下」に見るつもりは
毛頭ありませんが、都会の真ん中に
ディーゼルカーが乗り入れてくる
光景は、やはり「遠く離れた地に
来たんだな~」と感じます。
「下」に見るどころか、こういった街の
雰囲気に溶け込んでみたいと
「憧れて」しまいますよっ★


岡山市内をレンタサイクルの
「ももちゃり」で走り抜けます↓



ジップアリーナ岡山に
到着でございます↓



偕行社の本館が
移設保存されています↓



側面を入れると
こんな感じです↓


ものすごく保存状態がよいため
明治期の建物には見えません(驚)


案内板も立てられています↓



門柱も移設保存されています↓



【収録遺構】
 岡山陸軍偕行社

  門柱 1箇所
  建物 1棟

【探訪情報】
 2017.07.11  第1回探訪

 歩数(指数) 未計測(100)


詳細は、後ほどホームページ内で
ご紹介させていただきますっ★


それでは、またお会いいたしましょう!



↑こちらも、もしよろしければ
 ポチっとやってください♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日の朝は霧がすごかったです(驚)
昨日の天気予報では、関東地方の
最高気温は30℃近くまで到達するって
言ってたけど、涼しかったですね(笑)


さてさて・・・
我々のホームページを若干量で
更新いたしましたので
更新内容を掲載することで
ブログの更新とさせてください。



今回の追加分は以下となります↓
(カッコ内は掲載遺構の数です)

 ※アンカーをクリックすると、
  それぞれ別ウィンドウで表示され
  音楽が流れますので、一度に全てを
  開かないようにご注意を!

滋賀県東近江市
 陸軍飛行第一集団
 飛行第三連隊
 八日市飛行場
(14)
 陸軍京都憲兵隊
 大津憲兵分隊
 八日市憲兵分遣所
(4)

滋賀県近江八幡市
 陸軍飛行第一集団
 飛行第三連隊
 八日市飛行場(1)

広島県福山市
 陸軍第十七師団
 福山演習場
(7)
 陸軍広島師管区
 福山連隊区司令部(1)



祐実総軍プロジェクトの体制は
以下で構成されており、
掲載している各都道府県内の
いわゆる「戦争遺跡」が、
拙ブログ・ホームページのシナリオ上、
どこの「軍團」の探訪案件となるのか
簡単にご認識いただければ幸いです↓

 祐実総軍プロジェクト (総大将:平野祐実―YUM)
  |
  ┣ 莉央軍團 (大将:簑島莉央―7RI)
  |  ┗ 北海道(南部)
  |
  ┣ 由香里軍團 (大将:寺島由香里―8YR)
  |  ┣ 青森県・岩手県・秋田県
  |  ┗ 宮城県・山形県・福島県
  |
  ┣ 祐実軍團 (大将:平野祐実―1YM)
  |  ┗ 東京都・神奈川県・埼玉県
  |
  ┣ 和泉軍團 (大将:海老名和泉―4IZ)
  |  ┣ 千葉県・茨城県
  |  ┗ 栃木県・群馬県
  |
  ┣ 美恵軍團 (大将:酒井美恵―3ME)
  |  ┣ 愛知県・三重県・岐阜県
  |  ┗ 静岡県・長野県・山梨県
  |
  ┣ 珠美軍團 (大将:落合珠美―6TM)
  |  ┣ 石川県・福井県
  |  ┗ 新潟県・富山県
  |
  ┣ 阪奈軍團 (大将:石切阪奈―2HN)
  |  ┣ 大阪府・兵庫県・京都府
  |  ┗ 滋賀県・奈良県・和歌山県
  |
  ┣ 真己軍團 (大将:福田真己―5MK)
  |  ┣ 広島県・岡山県・島根県
  |  ┗ 山口県・鳥取県
  |
  ┗ 那瑠絵軍團 (大将:稲益那瑠絵―9NR)
      ┣ 福岡県・大分県
      ┗ 長崎県・佐賀県


【本日の写真】
今回は横須賀フェアです(笑)

次回のブログ記事とホームページで
掲載が確定している米が浜砲台の
砲側弾薬庫↓



同じく、深田演習砲台の門柱↓



ついに、一度も食べることなく
閉店してしまった魚藍亭の
横須賀海軍カレー館(笑)↓


「三顧の礼」という言葉も
このお店には通じなかったな(笑)


汐入の「萬菜」で食べた
地魚3点盛り↓


ここは、非常に良かったですっ!
近いうち、いっちゃん先生や
OKN先生と一緒に行きたいです(笑)


横須賀の「華」である
快特俊足電鉄の1500形↓



DOWNTOWN汐入↓



それでは、またお会いしましょうっ★



↑こちらも、もしよろしければ
 ポチっとやってください♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日の関東地方は、昨日に続き
暑かったですね~(汗)

朝に乗った電車の冷房が
あんまり効いてなくて、
汗だくになっちまいました(笑)


さてさて、本日は阪奈軍團「軍報」の
第98弾といたしまして、
兵庫県神戸市に掘削された
大阪海軍警備府第十一警備大隊の
地下壕をご紹介させてください↓




大阪警備府は、各軍港を統括した
海軍鎮守府に準ずる海軍組織の1つで
大阪都市圏の防備を目的に
1940年(昭和15)に発足しました。

太平洋戦争の末期は、
神戸港一帯の防衛のために
傘下部隊の第十一警備大隊が
神戸市内に展開し、司令部を
はじめする地下壕が5箇所にわたり
設けられていたようです。

これらの地下壕の詳細は
判っておらず、現在も踏査を
継続していますが、口城山に
地下司令部と推測する
地下壕が残っています。
(踏査継続中です・・・)



毎度、おなじみのメンバーである
おピンちゃん先生と新神戸駅に
到着いたしました↓



今回は、いつもお世話になっている
盡忠報國先生からいただいた
一次資料をもとに探訪をします。

色々と盡忠報國先生には
西日本地方を中心とする
案件を教えてもらっているので
何とか見つけて、いい結果を
報告したいところっ!


口城山地区に向かって
進んでいきます↓



おおっ、ありましたっ↓


でも・・・
これは入れなさそうです(涙)


周辺をガサゴソやっていると・・・


もう1つ、入口がありましたっ↓


いや、しかし・・・
30度以上の斜坑なので
今回の装備じゃ厳しい感じです。

本気でかかれば行けるんだけど
総軍大元帥閣下をここで
お待たせするわけにはいかず、
今回は入るのを断念しますっ!

せっかくなので、次の機会に
盡忠報國先生と一緒に
行きたいと思いますっ★


いただいた資料では、
おおまかに残りの4箇所も
記載があるのですが、
ちょっと場所が判らない(汗)
うむむ、どうしたものか・・・


そうだ、コイツに
聞いてみようっ(笑)↓


おピンちゃん先生のお供である
ウィー太郎君は、神戸の北野の
出身なんですよ(笑)


場所でいうと、このへんです(笑)↓



三等兵:これこれ、ウィー太郎君★
    この周辺で地下壕の入口を
    見たことありませんか?

  :ウィーウィー
    (いつも意地悪くブログで
     紹介する人には教えません)

三等兵:そ、そんなぁ・・・(涙)
    大元帥閣下、お出ましを~

大元帥:ウィー太郎、教えなさいっ!
    ゴハン、ないよっ!

  :ウィー!ヒイぃ~(涙)
    (えーっ!白状するので
     それだけはご勘弁を シクシク)

  :ウィー、ウィープンプンプン・・
    (奥再度ドライブウェイの
     トンネルに何かあった気が・・)


ってなわけで、前置きが長いですが
行ってみましたっ(笑)↓



トンネルを歩いていくと・・・↓



おおっ、ありました(笑)↓



うむむ、この入口は何だろう・・・
いただいた資料によると
確かに、丸山あたりに
マークが付いているから、
もしかしたら、関係するものかも
しれませんね。
(情報を募集しますっ!)


【収録遺構】
 大阪海軍警備府
 第十一警備大隊

  地下壕 2箇所

【探訪情報】
 2017.03.18  第1回探訪

 歩数(指数) 約7,000歩(100)


明日は、「ホームページ」関連で
ブログを更新予定ですっ!


それでは、またお会いしましょうっ★



↑こちらも、もしよろしければ
 ポチっとやってください♪

皆様、連休はいかがでしたか。


明日から、また大好きな仕事に
行くのが嫌だな~(涙)

今日は月曜日で「サザエさん」は
やってないから病気にもならない(笑)


さてさて・・・・
本日は美恵軍團「軍報」の
第57弾といたしまして、
愛知県豊川市と豊橋市に
またがっておかれていた
権現山防空砲台の遺構を
ご紹介させてくださいませ↓




権現山防空砲台は、
横須賀海軍警備隊が守備する
防空砲台として、太平洋戦争末期に
豊川海軍工廠を防衛する目的で
建設が開始されました。

ここには、2門の高角砲を設置する
計画で工事が進められましたが、
未完成のまま終戦を迎えたようです。

現在、跡地に水道施設が建てられ
遺構はほとんど残っていませんが、
水道施設の南側の豊川市と豊橋市の
境界にあたる山林内に、
土製の砲座をはじめとする
遺構が残っています。



結果、クソったれ台風の上陸により
中止になってしまった豊廠の
見学会に合わせ、おピンちゃん先生
豊川市内に前日入りしました↓



今回は、当方が豊廠見学会へ
行くと知って耳打ちしてくれた
盡忠報國先生からの事前情報により
探訪していきますっ★


水道施設付近に、兵舎などが
おかれていたものと推測する
削平地が残っています↓



このまま南下していくと
豊橋市に入ります↓



それにしても暑いです・・・↓



権現山古墳へ続く林道沿いに
土製の掘り込みが残っています↓



権現山古墳に到達する手前に
砲座が1つ残っています↓



案内板が立てられていました↓



権現山古墳の南に位置する
斜面にも土製の掘り込みが
残っています↓



やぶ蚊とアブが沢山いるので
退散しますっ↓



【収録遺構】
 横須賀海軍警備隊
 権現山防空砲台

  豊川市
  その他 1箇所

  豊橋市
  砲座 1箇所
  その他 2箇所

【探訪情報】
 2017.08.06  第1回探訪

 歩数(指数) 1,005歩(100)


我々のホームページでは、
掲載粒度が自治体ベースなので
豊川市と豊橋市で遺構を分割し
掲載する予定です m(_ _)m


それでは、またお会いしましょうっ★



↑こちらも、もしよろしければ
 ポチっとやってください♪

♦ 検索フォーム

♦ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる